ピックアップ

河出文庫【1月新刊】

2018.12.26更新

1月9日発売です。
※地域により発売日に差が生じることがあります。

お茶をどうぞ 向田邦子対談集

文庫・新書

お茶をどうぞ 向田邦子対談集

向田 邦子

素顔に出会う、きらめく言葉の数々――。対談の名手であった向田邦子が黒柳徹子、森繁久彌、阿久悠、池田理代子など豪華ゲストと語り合った傑作対談集。テレビと小説、おしゃれと食いしん坊、男の品定め。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2019.01.09発売
  • ISBN 978-4-309-41658-8

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
シメール

文庫・新書

シメール

服部 まゆみ

満開の桜の下、大学教授の片桐は精霊と見紛う少年に出会う。その美を手に入れたいと願う彼の心は、やがて少年の家族を壊してゆき――。逃れ得ぬ陶酔と悲痛な狂気が織りなす、極上のゴシック・サスペンス。

  • 河出文庫 / 384頁
  • 2019.01.09発売
  • ISBN 978-4-309-41659-5

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
偽善のトリセツ

文庫・新書

偽善のトリセツ
反倫理学講座

パオロ・マッツァリーノ

愛は地球を救わない? でも、「偽善」は誰かを救えるかもよ!? 人は皆、偽善者。大切なのは、動機や気持ちではなく、結果である。倫理学と社会学から迫る、誰も知らない偽善の真実。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2019.01.09発売
  • ISBN 978-4-309-41660-1

定価745円(本体690円)

○在庫あり

詳細を見る
志ん生のいる風景

文庫・新書

志ん生のいる風景

矢野 誠一

昭和の大名人・志ん生。落語会の仕掛け人として付き合いのあった著者による書き下ろし名著。その強烈な「自我」がもたらす圧倒的な藝の魅力が伝わる。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2019.01.09発売
  • ISBN 978-4-309-41661-8

定価886円(本体820円)

△2週間~

詳細を見る
幻の韓国被差別民

文庫・新書

幻の韓国被差別民
「白丁」を探して

上原 善広

朝鮮半島に古来存在した、牛を解体し、箕作りに携わった被差別民「白丁」。彼らは現在どうしているのか。現地に滞在し、その跡を追い、差別の根源を考える。著者の処女作の待望の文庫化。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 2019.01.09発売
  • ISBN 978-4-309-41662-5

定価972円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る