ピックアップ

河出文庫【11月新刊】

2018.11.05更新

11月6日発売です。
※地域により発売日に差が生じることがあります。

今日もあの子が机にいない

文庫・新書

今日もあの子が机にいない
同和教育と解放教育

上原 善広

1970ー80年代、学校教育の現場で部落差別問題に対処する、同和教育と解放教育という二つの取り組みが行われた。そこで「救われた」著者が、それらを回顧しまた総括する。

  • 河出文庫 / 268頁
  • 2018.11.13発売
  • ISBN 978-4-309-41650-2

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
うつくしい列島

文庫・新書

うつくしい列島

池澤 夏樹

富士、三陸海岸、琵琶湖、瀬戸内海、小笠原、水俣、屋久島、南鳥島……北から南まで、池澤夏樹が風光明媚な列島の名所を歩きながら思索した「日本」のかたちとは。名科学エッセイ36篇を収録。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2018.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41644-1

定価994円(本体920円)

△2週間~

詳細を見る
絶望読書

文庫・新書

絶望読書

頭木 弘樹

まだ立ち直れそうにない絶望の期間を、どうやって過ごせばいいのか? いま悲しみの最中にいる人に、いつかの非常時へ備える人に、知っていてほしい絶望に寄り添う物語の効用と、命綱としての読書案内。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41647-2

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
ボクたちのBL論

文庫・新書

ボクたちのBL論

サンキュータツオ春日 太一

BL愛好家サンキュータツオがBLと縁遠い男春日太一にBLの魅力を徹底講義! 『俺たちのBL論』を改題し、『ゴッドファーザー』から『おっさんずラブ』、百合まで論じる特別編を加えた決定版!

  • 河出文庫 / 376頁
  • 2018.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41648-9

定価972円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇

文庫・新書

先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇

香日 ゆら

夏目漱石の生涯と、正岡子規・中村是公・高浜虚子・寺田寅彦ら友人・門下・家族との交流を描く傑作四コママンガ! 「青春篇」には漱石の学生時代から教師時代、ロンドン留学、作家デビューまでを収録。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41649-6

定価896円(本体830円)

○在庫あり

詳細を見る
ヌメロ・ゼロ

文庫・新書

ヌメロ・ゼロ

ウンベルト・エーコ 著 中山 エツコ

隠蔽された真実の告発を目的に、創刊準備号(ヌメロ・ゼロ)の編集に取り組む記者たち。嘘と陰謀と歪んだ報道にまみれた現代社会をミステリ・タッチで描く、現代への警鐘の書。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2018.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-46483-1

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る