単行本 一人一殺 血盟団事件・首謀者の自伝

一人一殺

  • 一人一殺

オンライン書店で購入

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • 7netshopping
  • HonyaClub
  • e-hon
  • HMV&BOOKS
  • 大垣書店

店頭在庫

  • 紀伊国屋書店
  • 有隣堂
  • 三省堂書店
  • 旭屋書店
  • TSUTAYA
  • 未来屋書店アシーネ

賞歴

  • 東京

内容紹介

真理を求め、奇跡を行い、大陸浪人となった青年時代から、昭和戦前の恐慌、農村の疲弊、政財官軍の無力を憂え、一人一殺主義による「革命」を目論んだ血盟団事件に及ぶ精神形成の記録。

著者紹介

井上 日召 (イノウエ ニッショウ)

1886-1967。群馬県生まれ。法華・禅宗系の宗教家、右翼天皇主義政治活動家、テロリスト。血盟団事件首謀者として無期懲役、後特赦。近衛文麿首相のブレーンも務めた。

こちらもおすすめ

この本の感想をおよせ下さい

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。

この本の感想を書く

こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。 お問い合わせは、こちらへ

close閉じる