文藝

創刊1933年、文学の「いま」を伝える季刊文芸誌

第59回文藝賞 応募はこちら
文藝 2021年冬季号

文藝 2021年冬季号

最新刊の内容

第58回文藝賞発表◎受賞作:澤大知「眼球達磨式」【創作】柳美里、綿矢りさ、藤原無雨【特集】聞き書き、だからこそ◎インタビュー:アレクシエーヴィチ【特別企画】コロナと五輪

【史上最多の応募数、2459作 第58回文藝賞発表】
受賞作 澤大知 「眼球達磨式」(115枚)

・選評 磯崎憲一郎「視点の発明、自走する小説」/島本理生「「書ける」ことの先へ」/穂村弘「あり得ない現実の引力」/村田沙耶香「眼差しと言葉に宿るもの」
・受賞の言葉 澤大知
・受賞記念対談 村田沙耶香×澤大知「〝物の眼差し〟から世界を知覚する」
・第59回文藝賞応募規定



【創作】
〈全米図書賞受賞第一作〉
柳美里「JR常磐線夜ノ森駅」(前篇)
海にはええものも悪いものも流れ込む、と母はよく言っていた。――居場所のないすべての人たちへ。『JR上野駅公園口』と対になる物語、開幕。

〈デビュー20周年記念作〉
綿矢りさ「嫌いなら呼ぶなよ」
新居祝いを兼ねた三家族合同のホームパーティー。妻の親友に招かれた客のはずだった霜月だが、やがて彼を被告人とする「ミニ裁判」が始まり……心の〝明るすぎる闇〟に迫る!

〈文藝賞受賞第一作〉
藤原無雨「その午後、巨匠たちは、」
みなさんは神様になりました――北斎、レンブラント、ダリ、フリードリヒ、ターナー、モネら現代に蘇らせた巨匠をめぐり、註釈に註釈を重ね軽やかに変化する物語。現代文学の先を行く傑作!

山下紘加「二重奏」
老舗料理店の物販事業部に勤める幼馴染の加賀美と永沢。感染症拡大の影響で経営が逼迫の一途を辿るなか、年末のおせち商戦に懸け、商品開発に励む二人だが――。

〈短 篇〉
加納愛子「ファシマーラの女」
長井短「ダウジング中指」
中原昌也「焼死体たちの革命の夜」(前篇)



【特別企画 コロナと五輪】
〈寄稿〉
吉見俊哉「二〇二一年夏、何が破綻したのか」

〈日記〉 
高山羽根子「東京の日記 2021、6月-9月の路上で。」



【連続企画第5回 韓国・SF・フェミニズム】
〈チョン・セラン「アーミー・オブ・クィア」(斎藤真理子訳)について〉
チョン・セラン/QQ/斎藤真理子
石原理「DSDを知るために」



【特集 聞き書き、だからこそ】
〈対談〉
高橋源一郎×斎藤真理子「聞書には、闘いのすべてがある 森崎和江・石牟礼道子・藤本和子」
いとうせいこう×岸政彦「聞き手の責任をまっとうする」

〈インタビュー〉
抵抗するために「聞く」、アレクシエーヴィチのいま
聞き手:沼野恭子

〈新連載〉
いとうせいこう「東北モノローグ」第1回 宮城 a publisher

〈論考〉
岸政彦「聞くという経験」
梯久美子「声は消える」

〈聞書〉
小山田浩子「トミヱさん」
滝口悠生「八朔十八年(二〇〇四年と二〇二一年)」
大前粟生「モノのこと」

〈エッセイ〉
五所純子「むかしのかたち」
石井ゆかり「私の「闇鍋」インタビュー」
小田香「アンビバレンス」

〈特別企画〉
戦争・災害・差別・公害・コロナ――
「声を書きとる。」聞き書きブックガイド20
齋藤直子/瀬尾夏美/寺尾紗穂/朴沙羅




【連載】
落合恵子 「「わたしたち」」【第2回】
藤野可織 「先輩狩り」【第3回】
磯部涼 「移民とラップ 」【第6回】BLMを歌う(その3)
絲山秋子 「まっとうな人生」【第9回】
町田康 「ギケイキ」【第35回】
この装幀がすごい!【第6回】ゲスト 菊竹寛/川名潤/佐藤亜沙美
山本貴光「文芸的事象クロニクル 2021年6月~8月」



【季評】
山本貴光「文態百版 事実とフィクションの織物 2021年7月~9月」



【書評】
木村紅美『あなたに安全な人』【評】尾崎世界観
ジェニー・ザン 小澤身和子 訳『サワー・ハート』【評】王谷晶
呉明益 及川茜 訳『雨の島』【評】藤井太洋
オーシャン・ヴオン 木原善彦 訳『地上で僕らはつかの間きらめく』【評】岨手由貴子
ミッキ・ケンダル 川村まゆみ 訳『二重に差別される女たち』【評】海老原弘子

お得な定期購読

お申し込み
年間定期購読およびバックナンバーのお申し込みはこちら。
http://fujisan.co.jp/pc/web-bungei
定期購読申込用フリーダイヤル
年間定期購読はお電話でも承ります。
TEL 0120-223-223
※年中無休24時間営業

文藝賞原稿募集

応募要項

河出書房新社では、新人の登竜門として、小説のジャンルに「文藝賞」を設定しております。
応募規定をご覧のうえ、積極的にご投稿ください。
既成の枠にとらわれない、衝撃的な作品を お待ちしております。今年度よりウェブ応募を開始します。

「文藝賞」原稿募集 (主催=河出書房新社)はこちら

バックナンバー

バックナンバー一覧へ

文藝のあゆみ

「文藝」は昭和8年に改造社で創刊された雑誌(初代編集長は上林暁氏)ですが、昭和19年に軍部の圧力その他によって解散することになったために、以後現在まで河出書房から刊行されている文芸雑誌です。

河出書房での初代編集長は野田宇太郎氏(現詩人・文芸評論家)で、三島由紀夫氏が事実上、文壇にデビューした「エスガイの狩」が掲載されたのは昭和20年5・6月合併号でした。

その後、昭和22年、杉森久英氏(現作家)が編集長を引きつぎ、当時、有力な新人作家として台頭してきた、“第一次戦後派”といわれる作家たち、野間宏、椎名麟三、梅崎春生、埴谷雄高、中村眞一郎氏らの活躍の舞台となり、のちにロータス賞・谷崎潤一郎賞を受賞した野間氏の大作「青年の環」、中村氏の五部作の一つである「愛神と死神と」という両氏の代表作となった長編小説の連載が開始されたのもこの頃です。また同じく中村光夫氏の代表作となった「風俗小説論」「谷崎潤一郎論」がこの時期に掲載されたことも忘れられないことです。

文藝 Twitter

文藝ニュース