文藝

創刊1933年、文学の「いま」を伝える季刊文芸誌

第61回文藝賞 応募はこちら
文藝 2023年冬季号

文藝 2023年冬季号

最新刊の内容

第60回文藝賞+短編部門受賞作発表/創刊90周年連続企画4:対談 山田詠美×宇佐見りん

【創刊90周年+第60回文藝賞発表記念企画】
◎特別対談
山田詠美×宇佐見りん「人間のややこしい部分をこそ、言葉に」
「ベッドタイムアイズ」で第22回文藝賞を受賞した山田詠美と、「かか」で第56回文藝賞を受賞した宇佐見りん。満を持しての豪華初対談!

◎特別再録
元「文藝」編集長 坂本一亀「「文藝」復刊まで  一九六〇年九月〜一九六一年十二月日記」

【文藝賞発表】
◎受賞作
小泉綾子「無敵の犬の夜」

◎優秀作
佐佐木陸 「解答者は走ってください」
図野象「おわりのそこみえ」

◎受賞の言葉
小泉綾子/佐佐木陸/図野象

◎選評
角田光代/島本理生/穂村弘/町田康

◎受賞記念対談 
町田康×小泉綾子「無鉄砲さこそが愛おしい」

◎受賞記念インタビュー
佐佐木陸「フィクションの枠を飛び越えるスピードと怒り」
図野象「誰も知らない瞬間を書く」

【短篇部門】
◎受賞作
西野冬器「子宮の夢」

◎優秀作
才谷景「海を吸う」


◎受賞の言葉
西野冬器/才谷景

◎選評
柴崎友香/松田青子

◎受賞記念インタビュー
西野冬器「現実を解体し幻想で遊ぶ」
才谷景 「生身のまま死と生を行き来する」

◎選考経過
◎第61回文藝賞応募規定

【第60回文藝賞発表記念企画 特集 短篇を書く技術】
◎対談
小山田浩子×津村記久子「書く衝動をためらわない」

◎エッセイ 書くための3作
柴崎友香「書くことで存在する」
松田青子「読めば読むほどいい」
青山七恵「治らないうちに」
山崎ナオコーラ「なにが短篇小説だ」
町屋良平「短編小説はなにより自由だが、小説家はその自由こそが怖ろしい」
大前粟生「橋と摩天楼と発火」

◎論考
倉本さおり「要約できない物語たち――短篇小説の現況をめぐって」


【創作】
姫野カオルコ「はい、子供は純真で無邪気です」

【新連載】
皆川博子「ジンタルス RED AMBER 風配図II」
19世紀ロシア。若手詩人は中世バルトが舞台の小説を発表するが――ハンザの物語、新章開幕。

【短篇】
池澤夏樹「カフェ・エンゲルベッケンでハムザ・フェラダーが語ったこと」
滝口悠生「ロッテの高沢」
金子薫「独白する愛の犠牲獣」

【連載】
山内マリコ「マリリン・トールド・ミー 」【第5回】
絲山秋子「細長い場所」【第3回】第三の庭
千早茜「虎」【後篇】
古川日出男「京都という劇場で、パンデミックというオペラを観る」【第4回】
島本理生+岩崎渉「トランス」【第8回】
町田康「ギケイキ」【第42回】

山本貴光「文芸的事象クロニクル 2023年6月~8月」

この装幀がすごい!【第11回】
ゲスト 首藤凜/川名潤・佐藤亜沙美

【季評】 
水上文「たったひとり、私だけの部屋で 物語とその役割 2023年7月~8月」

【書評】
佐藤究『幽玄F』【評】マライ・メントライン
中村文則『列』【評】大島育宙
安堂ホセ『迷彩色の男』【評】MOMENT JOON
ミシェル・ウエルベック 野崎歓・齋藤可津子・木内尭訳『滅ぼす』【評】樋口恭介
日比野コレコ『モモ100%』【評】向坂くじら
山下紘加『煩悩』【評】平岡直子
児玉雨子『##NAME##』【評】小川紗良


お得な定期購読

お申し込み
年間定期購読およびバックナンバーのお申し込みはこちら。
http://fujisan.co.jp/pc/web-bungei
定期購読申込用フリーダイヤル
年間定期購読はお電話でも承ります。
TEL 0120-223-223
※年中無休24時間営業

文藝賞原稿募集

応募要項

河出書房新社が主催する「文藝賞」は、1962年の創設以来、新人の登竜門として、たえず文学シーンに新しい才能を送り出して参りました。応募規定をご覧のうえ、積極的にご投稿ください。既成の枠にとらわれない、衝撃的な作品を お待ちしております。

「文藝賞」原稿募集 (主催=河出書房新社)はこちら

バックナンバー

バックナンバー一覧へ

文藝のあゆみ

「文藝」は昭和8年に改造社で創刊された雑誌(初代編集長は上林暁氏)ですが、昭和19年に軍部の圧力その他によって解散することになったために、以後現在まで河出書房から刊行されている文芸雑誌です。

河出書房での初代編集長は野田宇太郎氏(現詩人・文芸評論家)で、三島由紀夫氏が事実上、文壇にデビューした「エスガイの狩」が掲載されたのは昭和20年5・6月合併号でした。

その後、昭和22年、杉森久英氏(現作家)が編集長を引きつぎ、当時、有力な新人作家として台頭してきた、“第一次戦後派”といわれる作家たち、野間宏、椎名麟三、梅崎春生、埴谷雄高、中村眞一郎氏らの活躍の舞台となり、のちにロータス賞・谷崎潤一郎賞を受賞した野間氏の大作「青年の環」、中村氏の五部作の一つである「愛神と死神と」という両氏の代表作となった長編小説の連載が開始されたのもこの頃です。また同じく中村光夫氏の代表作となった「風俗小説論」「谷崎潤一郎論」がこの時期に掲載されたことも忘れられないことです。

文藝 Twitter

文藝ニュース