単行本 ジョン・レノンに恋して

ジョン・レノンに恋して

オンライン書店で購入

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • 7netshopping
  • HonyaClub
  • e-hon
  • HMV&BOOKS

店頭在庫

  • 紀伊国屋書店
  • 有隣堂
  • 三省堂書店
  • 旭屋書店
  • TSUTAYA
  • 未来屋書店アシーネ

内容紹介

妻としてジョン・レノンを支えたシンシアが初めて明かす真の姿。恋人時代、ビートルズ神話、結婚の破綻、オノ・ヨーコのこと等を初めて語る。序文は息子ジュリアン・レノン。

著者紹介

シンシア・レノン (レノン,シンシア)

1939年イギリス、リバプールの北に位置するブラックプールでパウエル家の第3子として生まれる。57年リバプール・カレッジ・オブ・アートに入学、翌年ジョン・レノンと出会う。62年にジョンと結婚。ふたりのあいだには63年に、のちにミュージシャンとなる息子ジュリアン・レノンが誕生。ビートルズの成長をまのあたりにし、スウィンギング・シックスティーズと呼ばれた華やかな時代をロンドンや近郊のサリー州で過ごす。68年に離婚し、シンシアはジュリアンを引き取った。

吉野 由樹 (ヨシノ ユキ)

翻訳家。訳書に『ジョン・レノンに恋して』など多数。

こちらもおすすめ

読者の声

Tatchan さん/62歳 男性
図書館で借りて読みました、ぜひとも重版して欲しい本です。ジョンレノンがビートルズの全盛期、共に暮らした人の貴重な証言です。内容の真偽はともかく、シンシアがジョンレノンをいかに愛していたかということがわかります。ジョンとヨーコ以前のジョンを知る上ではファンならぜひとも読んでおくべき本だと思います。

この本の感想をおよせ下さい

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。

この本の感想を書く

こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。 お問い合わせは、こちらへ

close閉じる