単行本 ポン・ジュノ映画術 『ほえる犬は噛まない』から『パラサイト半地下の家族』まで

ポン・ジュノ映画術

  • ポン・ジュノ映画術

オンライン書店で購入

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • 7netshopping
  • HonyaClub
  • e-hon
  • HMV&BOOKS
  • 大垣書店

店頭在庫

  • 紀伊国屋書店
  • 有隣堂
  • 三省堂書店
  • 旭屋書店
  • TSUTAYA
  • 未来屋書店アシーネ

内容紹介

『パラサイト 半地下の家族』で世界の映画史に新しい歴史を刻んだポン・ジュノ。その長編7作を、韓国で最も信頼される映画評論家がポン・ジュノ本人と語り合い、様々な角度から語り合う。

韓国はもちろん、世界の映画史に新しい歴史を刻んだポン・ジュノ監督の作品世界を徹底考察。
韓国最高の映画評論家イ・ドンジンが、『ほえる犬は噛まない』から『パラサイト 半地下の家族』まで、ポン・ジュノ監督の長編映画7本をさまざまな角度からたっぷり論じる。また『パラサイト 半地下の家族』189シーン全場面解説、ポン・ジュノ監督インタビュー、『スノーピアサー』のコミック原作者と監督を交えた座談会も収録。ポン・ジュノ監督の今が、突然降ってわいた幸運ではなく、長い時間をかけて一つずつ障壁を突破しながら実らせてきた“果実“であることがよくわかる、ファン必携の一冊!

目次・収録作品

【目次】
第1章 『パラサイト 半地下の家族』
重要なのは戦いの結果よりも構図
189シーンの全場面別解説
【インタビュー】イ・ドンジン×ポン・ジュノ 映画の力とは

第2章 『Okja/オクジャ』
希望は松明ではなく種火
【インタビュー】イ・ドンジン×ポン・ジュノ 人間のせいで苦しんでいるような動物を撮りたい

第3章 『スノーピアサー』
熱い階級闘争と冷たい社会生物学
【座談1】イ・ドンジン×ポン・ジュノ×バンジャマン・ルグラン×ジャン=マルク・ロシェット(原作者) 閉じられた空間のモチーフ
【座談2】イ・ドンジン×ポン・ジュノ×バンジャマン・ルグラン×ジャン=マルク・ロシェット(原作者) 政治的な嘘と真実に関する話

第4章 『母なる証明』
記憶を求めた者が忘却を祈る時

第5章 『グエムル-漢江の怪物-』
より弱い者に食べさせることができる場所

第6章 『殺人の追憶』
彼の最後の視線が届くところは……

第7章 『ほえる犬は噛まない』
その人は山に登れない

第8章 ブーメランインタビュー 愉快で悲しい映画
イ・ドンジン×ポン・ジュノ 『母なる証明』『グエムル-漢江の怪物-』『殺人の追憶』『ほえる犬は噛まない』を巡って

著者紹介

イ・ドンジン (イ ドンジン)

1968年生まれ。朝鮮日報映画部記者を経て、映画評論家。

関谷 敦子 (セキヤ アツコ)

1964年生まれ。翻訳者。訳書に『クロムビの歌を聴け 済州・江汀村を守る平和の流刑者たち』。ほか『王家の紋章」』『絶代双騙~マーベラス・ツインズ~』映画字幕など。

こちらもおすすめ

この本の感想をおよせ下さい

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。

この本の感想を書く

こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。 お問い合わせは、こちらへ

close閉じる