河出文庫 し29-1 サンタクロースの贈物 クリスマス×ミステリーアンソロジー

サンタクロースの贈物

オンライン書店で購入

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • 7netshopping
  • HonyaClub
  • e-hon
  • HMV&BOOKS

店頭在庫

  • 紀伊国屋書店
  • 有隣堂
  • 三省堂書店
  • 旭屋書店
  • TSUTAYA
  • 未来屋書店アシーネ

内容紹介

クリスマスを舞台にした国内外のミステリー13篇を収めた傑作アンソロジー。ドイル、クリスティ、シムノン、E・クイーン……世界の名探偵を1冊で楽しめる最高のクリスマスプレゼント。

*本書は1979年12月に小社より刊行された書籍『サンタクロースの贈物』を再編集のうえ文庫化したものです。

目次・収録作品

<目次>

「青いガーネット」アーサー・コナン・ドイル/小林司・東山あかね 訳
「警官と讃美歌」O・ヘンリー/大久保康雄 訳
「飛ぶ星」G・K・チェスタートン/二宮磬 訳
「クリスマスの悲劇」アガサ・クリスティ/深町眞理子 訳
「児童聖歌隊員の証言」ジョルジュ・シムノン/新庄嘉章 訳
「クリスマスと人形」エラリイ・クイーン/宇野利泰 訳
「クリスマスに帰る」ジョン・コリア/村上啓夫 訳
「死んでもCM」戸板康二
「サンタクロースの贈物(A Xmas story)」加田伶太郎
「クリスマス・イブの出来事」星新一
「メリイ・クリスマス」山川方夫
「マッチ売り」半村良
「最後のクリスマス」筒井康隆

著者紹介

新保 博久 (シンポ ヒロヒサ)

1953年京都生まれ。早大文学部卒業。ワセダ・ミステリ・クラブを経て、ミステリ評論家となる。新聞・雑誌などの時評・連載、文庫解説多数。著書に『推理百貨店』『名探偵登場』など。

こちらもおすすめ

読者の声

時かけファン さん/60歳 男性
クリスマスを巡るアンソロジーは昔から大好きなので、本書も、書店で見掛けて、中身を見ずにそのままレジへ直行しました。家に帰って目次を見ると、コナン・ドイル、O・ヘンリー、エラリイ・クイーン、星新一、筒井康隆…と、好きな作家ばかりで嬉しく思いました。今年のクリスマスは、本書と一緒に過ごしたいです。

この本の感想をおよせ下さい

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。

この本の感想を書く

こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。 お問い合わせは、こちらへ

close閉じる