単行本 絶滅への渇望 ジョルジュ・バタイユと伝染性ニヒリズム

絶滅への渇望

  • 絶滅への渇望

オンライン書店で購入

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • 7netshopping
  • HonyaClub
  • e-hon
  • HMV&BOOKS

店頭在庫

  • 紀伊国屋書店
  • 有隣堂
  • 三省堂書店
  • 旭屋書店
  • TSUTAYA
  • 未来屋書店アシーネ

関連情報

内容紹介

バタイユ読解を通じて、ニヒリズム/ペシミズムとしての〈哲学史〉を再構築し、人間を廃絶した先の世界を立ち上げる究極の無神論。加速主義の始まり高らかに宣言する最も危険で過激な思想。

世界が崩壊した先に訪れるのは、
新たなる解放か、それとも際限なき隷属か?
「加速主義」はここから始まった――

バタイユ読解を通じて、ニヒリズム/ペシミズムとしての〈哲学史〉を再構築し、資本主義や人間が廃絶した先の世界を立ち上げる究極の無神論。ヒューマニズム/進歩主義/多文化主義/平等主義など近代の民主主義的なイデオロギーを根源から否定し、「加速主義」の始まりを高らかに宣言する、最も危険でダークな思想。

目次・収録作品

【目次】


第1章 「健全な哲学の死」
第2章 太陽の呪い
第3章 侵犯
第4章 復活祭 〔イースター〕
第5章  死せる神
第6章 妬みぶかい時間の激怒
第7章 牙を剝くヌーメノン(サイクサロンの情熱=受難〔パッション〕)
第8章 流動的身体(ミラーにかんする脱線)
第9章 人類の中絶=出来損ない〔アボーション〕
第10章 迷宮
第11章 結論なき交感

著者紹介

ニック・ランド (ランド,ニック)

1962年、イギリス生まれ。90年代中頃に「サイバネティック文化研究ユニット(Cybernetic Culture Research Unit)」を設立。著書に『暗黒の啓蒙書』など。

五井 健太郎 (ゴイ ケンタロウ)

1984年生まれ。シュルレアリスム研究。訳書にマーク・フィッシャー『わが人生の幽霊たち:うつ病、憑在論、失われた未来』、ニック・ランド『暗黒の啓蒙書』など。

こちらもおすすめ

この本の感想をおよせ下さい

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。

この本の感想を書く

こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。 お問い合わせは、こちらへ

close閉じる