単行本 誰にもわかるハイデガー 文学部唯野教授・最終講義

誰にもわかるハイデガー

  • 誰にもわかるハイデガー

オンライン書店で購入

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • 7netshopping
  • HonyaClub
  • e-hon
  • HMV&BOOKS

店頭在庫

  • 紀伊国屋書店
  • 有隣堂
  • 三省堂書店
  • 旭屋書店
  • TSUTAYA
  • 未来屋書店アシーネ

賞歴

  • 毎日
  • 全国学校図書館協議会選定図書

内容紹介

死を忘れて生きつつも、死について知りたい我々が、死ぬまでに絶対読みたい名著『存在と時間』超入門――これが唯野教授からの「遺言」だ! 朝日新聞、日経新聞、毎日新聞他各紙で話題。

あの唯野教授からの「遺言」

死を忘れて生きつつも
死について知りたい我々が
死ぬまでに絶対読みたい名著
『存在と時間』超入門

専門家が一生かけても汲み尽くせぬ難解な書を
驚くほどわかりやすく、正確に抽出ーー大澤真幸・解説

現存在とはなにか?

死ぬ存在ですね。必ず死ぬわけです、人間は。自分が死ぬ存在であるということを引き受けて、自分でよくわかっていて、それでなお生き続けているという、そういうことを言っているわけなんですね。(本文より)

自分はいつ死ぬかわからない。

けれども、自分が死ぬ前にいち早く先駆けること、これを先駆と言っています。(…)死から自由になるために、自分の死というものを了解するんです。(本文より)

私たちはふだん死を忘れて生きている

しかし死はいつやってくるかわからない。いつやってくるかわからない死を了解しようとして、苦しんでいるのが人間だ。本書は、唯野教授があえてユーモラスな語り口で、かつてなくわかりやすく解説する、驚きの超入門だ!

著者紹介

筒井 康隆 (ツツイ ヤスタカ)

1934年、大阪市生まれ。65年、第1作品集『東海道戦争』刊行。『虚人たち』で泉鏡花文学賞、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、『朝のガスパール』で日本SF大賞、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。

こちらもおすすめ

この本の感想をおよせ下さい

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。

この本の感想を書く

こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。 お問い合わせは、こちらへ

close閉じる