河出文庫

最新刊

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

既刊本

河出文庫一覧へ

これから出る本

  • あなたが私を竹槍で突き殺す前に

    あなたが私を竹槍で突き殺す前に

    • 李 龍徳 著
    予価
    1,155円(本体:1,050円)
    ISBN
    978-4-309-41874-2
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.08(予定)

    日本初の嫌韓女性総理が誕生し、ヘイトクライムが激化していくなか、立ち上がった一人の若者。彼と仲間が画策する禁断の「反攻」計画とは?第42回野間文芸新人賞受賞作。(解説:保坂和志)

  • 大河への道

    大河への道

    • 立川 志の輔 著・文・その他
    予価
    748円(本体:680円)
    ISBN
    978-4-309-41875-9
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.08(予定)

    2022年公開の映画「大河への道」の原作本。立川志の輔の新作落語「大河への道」からの文庫書き下ろし。伊能忠敬亡きあとの測量隊が地図を幕府に上呈するまでを描く悲喜劇の感動作!

  • 少女ABCDEFGHIJKLMN

    少女ABCDEFGHIJKLMN

    • 最果 タヒ 著
    予価
    715円(本体:650円)
    ISBN
    978-4-309-41876-6
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.08(予定)

    好き、それだけがすべてです――「きみは透明性」「わたしたちは永遠の裸」「宇宙以前」「きみ、孤独は孤独は孤独」。最果タヒがすべての少女に贈る、本当に本当の「生」の物語!

  • なぜ漱石は終わらないのか

    なぜ漱石は終わらないのか

    • 石原 千秋 著
    • 小森 陽一 著
    予価
    1,342円(本体:1,220円)
    ISBN
    978-4-309-41877-3
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.08(予定)

    漱石研究をリードしてきた名コンビが、難解とされる『文学論』を解きほぐすことから始め、『吾輩は猫である』から『明暗』に至るまで14作品を素材に、漱石文学の豊潤な可能性を阿吽の呼吸で語りつくす。

  • だれもが子供だったころ

    だれもが子供だったころ

    • 内海 隆一郎 著
    予価
    979円(本体:890円)
    ISBN
    978-4-309-41878-0
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.08(予定)

    布団の中で数えた天井の顔、子供だけで乗った新幹線、両親の喧嘩、父親の死――子供の目線で世界を捉える49の掌編集。日常を丁寧に描き、教科書や入試問題にも長年採用されてきた作家の名作を新装復刊。

  • 灯をともす言葉

    灯をともす言葉

    • 花森 安治 著
    予価
    869円(本体:790円)
    ISBN
    978-4-309-41869-8
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.07(予定)

    「美」について、「世の中」について、「暮し」について、「戦争」について――雑誌「暮しの手帖」創刊者が、物事の本質をつらぬく。時代を超えて、今こそ読み継がれるべき言葉たち。

  • 水の墓碑銘

    水の墓碑銘

    • パトリシア・ハイスミス 著
    • 柿沼 瑛子 訳
    予価
    1,100円(本体:1,000円)
    ISBN
    978-4-309-46750-4
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.03.07(予定)

    ヴィクの美しく奔放な妻メリンダは次々と愛人と関係を持つ。その一人が殺害されたとき、ヴィクは自分が殺したとデマを流す。そして生じる第二の殺人……傑作長編の改訳版。映画化原作。

  • 絶望キャラメル

    絶望キャラメル

    • 島田 雅彦 著
    予価
    1,078円(本体:980円)
    ISBN
    978-4-309-41870-4
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    「こんな時代に生まれてきたのが、悲しくてたまらないのです」――。破産寸前の地方都市を舞台に、破天荒な坊主と4人の天才高校生が暴れ回る! 時代を撃ち抜くディストピア青春小説。

  • 世界を旅する黒猫ノロ

    世界を旅する黒猫ノロ

    • 平松 謙三 著
    予価
    869円(本体:790円)
    ISBN
    978-4-309-41871-1
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    黒猫のノロは、飼い主の平松さんと一緒に世界37カ国以上を旅行しました。ヨーロッパを中心にアフリカから中近東まで、美しい風景とノロの写真に、思わずほっこりする旅エピソードがぎっしり。

  • 文豪たちの妙な話

    文豪たちの妙な話

    • 山前 譲 編
    予価
    979円(本体:890円)
    ISBN
    978-4-309-41872-8
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介など日本文学史に名を残す10人の文豪が書いた「妙な話」を集めたアンソロジー。犯罪心理など「人間の心の不思議」にフォーカスした異色のミステリー10篇。

  • 森のうた

    森のうた

    • 岩城 宏之 著
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-41873-5
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    オーケストラを指揮したい!東京藝大で指揮者修行に奮闘するイワキとナオズミ。師と出逢い、ケンカと失恋を越え、ついに演奏会の日がやって来た!名エッセイストが綴る、涙と笑いの傑作藝大青春記。

  • 終わらざりし物語 上

    終わらざりし物語 上

    • J.R.R.トールキン 著
    • C・トールキン 編
    • 山下 なるや 訳
    予価
    1,672円(本体:1,520円)
    ISBN
    978-4-309-46739-9
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    『指輪物語』を読み解く上で欠かせない未発表文書を編んだ必読の書。トゥオルの勇姿、トゥーリンの悲劇、ヌーメノールの物語などを収録。

  • 終わらざりし物語 下

    終わらざりし物語 下

    • J.R.R.トールキン 著
    • C・トールキン 編
    • 山下 なるや 訳
    予価
    1,672円(本体:1,520円)
    ISBN
    978-4-309-46740-5
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    イシルドゥルの最期、ローハンの建国記、『ホビットの冒険』の隠された物語など、トールキン世界の空白を埋める貴重な遺稿集。巻末資料も充実。

  • いまファンタジーにできること

    いまファンタジーにできること

    • アーシュラ・K・ル=グウィン 著
    • 谷垣 暁美 訳
    予価
    1,089円(本体:990円)
    ISBN
    978-4-309-46749-8
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.02.08(予定)

    『指輪物語』『ドリトル先生物語』『少年キム』『黒馬物語』など名作の読み方や、ファンタジーの可能性を追求する評論集。「子どもの本の動物たち」「ピータラビット再読」など。

河出文庫一覧へ