河出文庫

最新刊

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

既刊本

河出文庫一覧へ

これから出る本

  • ベル・ジャー

    ベル・ジャー

    • シルヴィア・プラス 著
    • 青柳 祐美子 訳
    予価
    1,430円(本体:1,300円)
    ISBN
    978-4-309-46753-5
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.12.27(予定)

    あの夏、輝くニューヨークで19歳のエスターの心は不思議に虚ろだった──。世界中の若者に読み継がれる永遠のベストセラー。30歳で自ら死を選んだ伝説の詩人が遺した、自伝的小説。

  • こぽこぽ、珈琲

    こぽこぽ、珈琲

    • 阿川 佐和子 著
    • 湊 かなえ 著
    • 吉田 健一 著
    予価
    880円(本体:800円)
    ISBN
    978-4-309-41917-6
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.11.08(予定)

    人気シリーズ「おいしい文藝」文庫化開始! 珠玉の珈琲エッセイ31篇を収録。珈琲を傍らに読む贅沢な時間。豊かな香りと珈琲を淹れる音まで感じられるひとときをお愉しみください。

  • 死について! 上

    死について! 上

    • スタッズ・ターケル 著
    • 金原 瑞人 訳
    • 野沢 佳織 訳
    • 築地 誠子 訳
    予価
    1,397円(本体:1,270円)
    ISBN
    978-4-309-46765-8
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.11.08(予定)

    ピューリッツァー賞作家にしてオーラルヒストリーの名手による伝説的インタビュー集、待望の復刊。看護師・刑事・元死刑冤罪者・原爆被爆者・戦争退役軍人・牧師・物理学者など多様な人々が死について語る

  • 死について! 下

    死について! 下

    • スタッズ・ターケル 著
    • 金原 瑞人 訳
    • 野沢 佳織 訳
    • 築地 誠子 訳
    予価
    1,397円(本体:1,270円)
    ISBN
    978-4-309-46766-5
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.11.08(予定)

    ピューリッツァー賞作家にしてオーラルヒストリーの名手による伝説的インタビュー集、待望の復刊。歌手・HIV感染者・元麻薬常用者・元司書・医師・コメディアン・葬儀屋など多様な人々が死について語る

  • ファイアスターター 上

    ファイアスターター 上

    • スティーヴン・キング 著
    • 深町 眞理子 訳
    予価
    1,078円(本体:980円)
    ISBN
    978-4-309-46763-4
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.10.27(予定)

    念力放火能力を持つ少女とその父を追う、政府政府諜報機関――。『炎の少女チャーリー』として二度も映画化されたキングの初期代表作が、待望の復刊!

  • ファイアスターター 下

    ファイアスターター 下

    • スティーヴン・キング 著
    • 深町 眞理子 訳
    予価
    1,078円(本体:980円)
    ISBN
    978-4-309-46764-1
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.10.27(予定)

    念力放火能力を持つ少女とその父を追跡する政府政府諜報機関――。『炎の少女チャーリー』として二度も映画化されたキングの初期代表作が、待望の復刊!

  • 不定形の思想

    不定形の思想

    • 鶴見 俊輔 著
    予価
    1,793円(本体:1,630円)
    ISBN
    978-4-309-41920-6
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.10.06(予定)

    鶴見俊輔の原点にして主著ともいえる前期-中期の名アンソロジー、初めての文庫化。鶴見自身が自身の全作品のなかで最も気に入っていたという論考「かるた」を収録。解説:黒川創

  • 史疑 徳川家康

    史疑 徳川家康

    • 榛葉 英治 著
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-41921-3
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.10.06(予定)

    徳川家康は、若い頃に別人の願人坊主がすり替わった、という説は根強い。その嚆矢となる説を初めて唱えたのが村岡素一郎で、その現代語訳が本著。2023NHK大河ドラマ「どうする家康」を前に文庫化。

  • 風俗 江戸東京物語

    風俗 江戸東京物語

    • 岡本 綺堂 著
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-41922-0
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.10.06(予定)

    軽妙な語り口で、深い江戸知識をまとめ上げた『風俗江戸物語』、明治の東京を描いた『風俗明治東京物語』を合本。未だに時代小説の資料としても活用される、江戸を知るための必読書が新装版として復刊。

  • ホモ・デウス 上

    ホモ・デウス 上

    • ユヴァル・ノア・ハラリ 著
    • 柴田 裕之 訳
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-46758-0
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.14(予定)

    ついに待望の文庫版登場! 世界的ベストセラー『サピエンス全史』に続いて著者が放つ「衝撃の未来」。カズオ・イシグロ、ビル・ゲイツ、ダニエル・カーネマンが絶賛する面白さと深い考察。

  • ホモ・デウス 下

    ホモ・デウス 下

    • ユヴァル・ノア・ハラリ 著
    • 柴田 裕之 訳
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-46759-7
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.14(予定)

    ついに待望の文庫版登場! 世界的ベストセラー『サピエンス全史』に続いて著者が放つ「衝撃の未来」。カズオ・イシグロ、ビル・ゲイツ、ダニエル・カーネマンが絶賛する面白さと深い考察。

  • 北帰行

    北帰行

    • 外岡 秀俊 著
    予価
    1,089円(本体:990円)
    ISBN
    978-4-309-41915-2
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.06(予定)

    北海道の炭鉱町から東京に集団就職した「私」。雪国を背景に啄木の人生と私の青春を、抒情的かつ流麗な文体で描く。急逝した作家・名新聞記者のデビューを飾った、文学史に燦然と輝く伝説的名作。

  • 終着駅へ行ってきます

    終着駅へ行ってきます

    • 宮脇 俊三 著
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-41916-9
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.06(予定)

    鉄路の果て・終着駅への旅路には、宮脇俊三鉄道紀行の全てが詰まっている。北は根室、南は枕崎まで、25の終着駅へ行き止まりの旅。国鉄民営化直前の鉄道風景を忘れ去られし昭和を写し出す。新装版。

  • 淀川長治映画ベスト100&ベストテン

    淀川長治映画ベスト100&ベストテン

    • 淀川 長治 著
    予価
    990円(本体:900円)
    ISBN
    978-4-309-41918-3
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.06(予定)

    品切れ中の『淀川長治究極の映画ベスト100』に、やはり品切れの『淀川長治映画ベスト10+α』から約半分の文章を加えて再刊行。映画の伝道師・淀川長治の代表作映画バイブル。巻末は蓮實重彦対談。

  • セロトニン

    セロトニン

    • ミシェル・ウエルベック 著
    • 関口 涼子 訳
    予価
    1,210円(本体:1,100円)
    ISBN
    978-4-309-46760-3
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.06(予定)

    巨大化学企業を退職した若い男が、過去に愛した女性の甘い追憶と暗い呪詛を交えて語る現代社会への深い絶望。白い錠剤を前に語られる新たな予言の書。世界で大きな反響を呼んだベストセラー。

  • 親衛隊士の日

    親衛隊士の日

    • ウラジーミル・ソローキン 著
    • 松下 隆志 訳
    予価
    1,408円(本体:1,280円)
    ISBN
    978-4-309-46761-0
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.06(予定)

    2028年に復活した帝国では、親衛隊士たちが特権を享受している。貴族や民衆への暴力、謎の集団トリップ、真実を見通す点眼女、蒸風呂での奇妙な儀式。ロシアの現在を予言した傑作長篇。

  • 内的体験

    内的体験

    • ジョルジュ・バタイユ 著
    • 江澤 健一郎 訳
    予価
    1,650円(本体:1,500円)
    ISBN
    978-4-309-46762-7
    在庫
    ※未刊
    発売日
    2022.09.06(予定)

    恐るべき思想家バタイユが全ての思想を転覆させて思考の極限に挑んだ20世紀最大の問題作を50年ぶりに新訳。第一人者による鋭利な訳文と150頁の注によって絶後の名著が暗黒の21世紀に降臨する。

河出文庫一覧へ