単行本

イマサラキケナイマーケティングノキホンノハナシ

いまさら聞けないマーケティングの基本のはなし

松井 剛

単行本 46変形 ● 296ページ
ISBN:978-4-309-24883-7 ● Cコード:0030
発売日:2018.09.25

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

  • 「ことば」の裏を読み解けば、ビジネス、さらには人間社会を見極める新たな視点が手に入り、マーケティング感覚が磨かれる。一橋大学の人気教授による、ビジネスパーソン必携の書。

    「ことば」があらゆるマーケットを制する「鍵」である。
    「おかね」と「ありがとう」の両方を手に入れるための53個のツール。

  • (目次より抜粋)
    第1部 マーケティングの基本のおさらい
    1 マーケティングはモーケティング 【マーケティングとは「ありがとう」と「おかね」の両方をもらうこと】
    2 テキ屋のアルバイトをして学んだこと 【ターゲット】
    3 オヤジ臭のする製品カテゴリーとしての新聞 【使用者イメージ】
    4 ドリルが欲しいのではない、欲しいのは穴だ 【マーケティング近視眼】
    5 ぼくが買った下着は明らかに若者のためのモノではない 【STPと4Ps】

    第2部 人間の動物らしいところを見る
    6 年をとるとモスキートサウンドが聞こえないという現実的な現実 【絶対閾と相対閾】
    7 クチャラーが気になってしょうがない 【選択的注意】
    8 あなたは不都合な真実は見ないようにしている 【知覚の選択性と知覚的防衛と順応】
    9 ガウチョ・パンツをガチョウ・パンツだと思っていました 【解釈とゲシュタルト】
    10 リア充と草食系と勝ち組と負け犬 【スキーマ】
    …etc.

    第3部 人間の決め方を見る
    21 言い訳上手が駆使する「酸っぱいブドウ」と「甘いレモン」というロジック【認知的不協和の解消】
    22 森羅万象、世界のあらゆることにコメントできるテレビのコメンテーターの不思議  【ハロー効果とエンドーサー】
    23 良いニュースと悪いニュースがある。どっちを先に聞きたい? 【一面提示と両面提示】
    24 小さいお願いと大きなお願いの仕方に見る交渉術 【段階的勧誘技術・譲歩誘導技術・承認先取り技術】
    25 かつて、高学歴・高収入・高身長の男は「3高」と呼ばれていた 【補償型と非補償型の意思決定】
    …etc.

    第4部 人間の人間らしいところを見る
    33 オープンカーは愛人であり、セダンは妻である 【モチベーション・リサーチ】
    34 観光客は絵葉書と同じ写真を撮りたがる 【観光客のまなざしとステレオタイプ】
    35 スタバでMacを開くとドヤリングになるのか問題 【鏡に映る自己】
    36 インスタグラムでのキラキラアピールについて 【印象管理と役割期待】
    …etc.

    第5部 人間の文化的なところを見る
    43 平成生まれまで「当時」を懐かしがる「ALWAYS三丁目の夕日」という映画   【ノスタルジアと集合的記憶】
    44 フランス料理を食べるのが怖い成り上がり 【文化資本と経済資本】
    … 
    53 「うちの嫁が怒っているので先にドロンする」という日本固有のジェスチャーについて 【ハイコンテクスト】

    おわりに
    もっと楽しむためのキーワード

著者

松井 剛 (マツイタケシ)

1972年生。一橋大学経営管理研究科教授。専門はマーケティング、消費者行動論。著者に『ことばとマーケティング』(碩学舎)、共著に『欲望する「ことば」』(集英社新書)『1からの消費者行動』(碩学舎)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳