河出文庫

最新刊

一覧

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

これから出る本

一覧

2021.10.21発売予定

少年たちの終わらない夜

鷺沢 萠

終わりかけた僕らの十代最後の夏。少年たちに訪れた、愛のきらめき、透明なかげり。八〇年代末の“豊かさ”が照らしだす夜に終わりはあるのか? ピュアでせつない永遠のロングセラー青春小説!

2021.11.06発売予定

世界を読み解く科学本

山本 貴光

不透明な世界を知りたいと思った時、科学のアプローチは役に立つ。AI、認知科学、病理学、素粒子、深海&宇宙…分野を横断し、未知と既知の境界で奮闘する科学者ら25名が推す必読書、渾身のレビュー。

2021.11.06発売予定

お楽しみはこれもなのじゃ

みなもと 太郎

ギャグ大河漫画『風雲児たち』の作者にして天下無比の漫画研究家、みなもと太郎による伝説の漫画エッセイ集。膨大な作品をとりあげながら、漫画の魅力をイラストとともに語る、漫画史に輝く名著。

2021.11.06発売予定

歩道橋の魔術師

呉 明益 著 天野 健太郎

1979年、台北。中華商場の魔術師に魅せられた子どもたち。現実と幻想、過去と未来が溶けあう、どこか懐かしい極上の物語。現代台湾を代表する作家の連作短篇。単行本未収録短篇を併録。

2021.11.06発売予定

テヘランでロリータを読む

アーザル・ナフィーシー 著 市川 恵里

全米150万部、日本でも大絶賛のベストセラー、遂に文庫化!テヘランでヴェールの着用を拒否し、大学を追われた著者が行った秘密の読書会。壮絶な彼女たちの人生とそれを支える文学を描く、奇跡の体験。

2021.11.06発売予定

21 Lessons

ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之

私たちはどこにいるのか。そして、どう生きるべきか――。『サピエンス全史』『ホモ・デウス』で全世界に衝撃をあたえた新たなる知の巨人による、人類の「現在」を考えるための21の問い。待望の文庫化。

2021.11.06発売予定

ベンヤミン メディア・芸術論集

ヴァルター・ベンヤミン 著 山口 裕之

いまなお新しい思想家の芸術・メディア論の重要テクストを第一人者が新訳。映画論、写真論、シュルレアリスム論等を網羅。すべての批評の始まりはここにある。「ベンヤミン・アンソロジー」に続く決定版。

2021.11.08発売予定

キンドレッド

オクテイヴィア・E・バトラー 著 風呂本 惇子岡地 尚弘

謎の声に呼ばれ、奴隷制時代のアメリカ南部へのタイムスリップを繰り返す黒人女性のデイナ。人間の価値を問う、アフリカ系アメリカ人の伝説的作家による名著がついに文庫化。

2021.11.08発売予定

怒り 心の炎を静める知恵

ティク・ナット・ハン 著 岡田 直子

怒りは除去すべきのもではなく、思いやりと幸福に変えられるものーーブッダの根本思想を実践的に説くベストセラー。歩く瞑想、呼吸法など、重要なポイントをわかりやすく説明した名著。

2021.11.08発売予定

サンタクロースの贈物

新保 博久

クリスマスを舞台にした国内外のミステリー13篇を収めた傑作アンソロジー。ドイル、クリスティ、シムノン、E・クイーン……世界の名探偵を1冊で楽しめる最高のクリスマスプレゼント。

2021.11.17発売予定

マスードの戦い

長倉 洋海

もし彼が生きていたなら「アフガニスタンの今」はまったく違ったものになっていただろう――タリバン抵抗運動の伝説の指導者として民衆に愛された一人の戦士を通して描く、アフガンの真実の姿。

2021.11.26発売予定

古代ローマ人の帝国 上

アルベルト・アンジェラ 著 関口 英子佐瀬 奈緒美

世界的ベストセラー『古代ローマ人の24時間』の著者による「その翌日」からの物語。古代ローマ帝国全盛期の最大領土(現代のヨーロッパ)にタイムスリップして歩き訪ねる冒険の旅。

2021.11.26発売予定

古代ローマ人の帝国 下

アルベルト・アンジェラ 著 関口 英子佐瀬 奈緒美

世界的ベストセラー『古代ローマ人の24時間』の著者による「その翌日」からの物語。古代ローマ帝国全盛期の最大領土(現代のヨーロッパ)にタイムスリップして歩き訪ねる冒険の旅。

2021.12.07発売予定

平家物語 犬王の巻

古川 日出男

室町時代、京で世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王。盲目の琵琶法師・友魚(ともな)と育まれた少年たちの友情は、新時代に最高のエンタメを作り出す! 「犬王」として湯浅政明監督により映画化。

2021.12.07発売予定

SFにさよならをいう方法

飛 浩隆

名作SF論から作家論、書評、エッセイ、自作を語る、対談、インタビュー、帯推薦文まで、日本SF大賞二冠作家・飛浩隆の貴重な非小説作品を網羅。単行本未収録作品も多数収録。

2021.12.07発売予定

黒衣の聖母

山田 風太郎 著 日下 三蔵

2022年山田風太郎生誕100年!聖女のような娼婦の秘められた顔が破滅を招く表題作をはじめ、「戦艦陸奥」「さようなら」「狂風図」など、戦争に運命を狂わされた人々の悲喜劇を描く傑作推理小説集。

2021.12.07発売予定

脳科学者の母が、認知症になる

恩蔵 絢子

記憶を失っていく母親の日常生活を2年半にわたり記録し、脳科学から考察。アルツハイマー病になっても最後まで失われることのない脳の能力に迫る。NHK「クローズアップ現代」など各メディアで話題!

2021.12.07発売予定

四天王寺の鷹

谷川 健一

四天王寺は聖徳太子を祀って建立されたが、なぜか政敵の物部守屋も祀っている。守屋が化身した鷹を追って、秦氏、金属民、良弁と大仏、放浪芸能民と猿楽の謎を解く、谷川民俗学の到達点。

2021.12.07発売予定

戦国の日本語

今野 真二

激動の戦国時代、いかなる日本語が話され、書かれ、読まれていたのか。武士の連歌、公家の日記、辞書『節用集』、キリシタン版、秀吉の書状……古代語から近代語への過渡期を多面的に描く。

2021.12.08発売予定

汽車旅12カ月

宮脇 俊三

四季折々に鉄道旅の楽しさがある。1月から12月までその月ごとの楽しみ方を記した宮脇文学の原点である、初期『時刻表2万キロ』『最長片道切符の旅』に続く刊行の、鉄道旅のバイブル。(新装版)

2022.02.08発売予定

終わらざりし物語 上

J.R.R.トールキン 著 クリストファ・トールキン 編 山下 なるや

『指輪物語』の世界を読み解く上で欠かせない「必読の書」とされる遺稿を収めたファン待望の書。トゥーリンの悲劇、ガラドリエルの伝説、ヌメノールの物語、ビルボの旅の秘話、ローハンの建国譚等を収録。

2022.02.08発売予定

終わらざりし物語 下

J.R.R.トールキン 著 クリストファ・トールキン 編 山下 なるや

『指輪物語』の世界を読み解く上で欠かせない「必読の書」とされる遺稿を収めたファン待望の書。トゥーリンの悲劇、ガラドリエルの伝説、ヌメノールの物語、ビルボの旅の秘話、ローハンの建国譚等を収録。