河出文庫

最新刊

一覧

翔る合戦屋

翔る合戦屋

北沢 秋

土左日記

土左日記

堀江 敏幸

虹いろ図書館のへびおとこ

虹いろ図書館のへびおとこ

櫻井 とりお

ヘタな人生論より枕草子

ヘタな人生論より枕草子

荻野 文子

犬の生活/ヒトデの休日

犬の生活/ヒトデの休日

高橋 幸宏

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

これから出る本

一覧

2024.08.06発売予定

眼がスクリーンになるとき

福尾 匠

映画の新しさはいかにして哲学の新しさへと跳ね返るのか。『シネマ』の緻密かつ明快な読解からドゥルーズ哲学の創造の原理が明かされる。 『非美学』の福尾匠のデビュー作、ついに文庫化。

2024.08.06発売予定

はっとりさんちの野性な毎日

服部 小雪

市街地にある自宅の庭でシカをさばいたり、ニワトリを卵から育てたり、ヌートリア弁当を作ったり……登山家・服部文祥と、3人の子どもたちと暮らす、ありふれた家族の異常(?)な日常。

2024.08.06発売予定

もうひとつの朝

佐藤 泰志 著 福間 健二

20年の時を経て復活した伝説的な作家・佐藤泰志の文壇デビュー以前の未刊行作品を集成。みずみずしく痛々しい青春を描いていまなお鮮烈な光を放つその文学の誕生をはじめてあかす。

2024.08.06発売予定

五輪と戦後

吉見 俊哉

戦後日本人の心をとらえ続けてきた1964年の東京五輪。この国民的「お祭り」は、いかにその舞台が整えられ、演出され、現在に至るまで再演されてきたのか。東京五輪2020を超え、根底から問い直す。

2024.08.06発売予定

世阿弥最後の花

藤沢 周

世阿弥は、なぜ72歳で遠く佐渡へと流され、彼の地で何を見つけたのか? 室町の都を幽玄の美で瞠目させた天才が最晩年に到達した至高の舞と、そこに秘められた謎に迫る話題作が待望の文庫化!

2024.08.06発売予定

源氏物語 7

角田 光代

宇治の八の宮亡きあと、妹・中の君は匂宮と結ばれるが、姉・大君は薫の求愛を拒み続け亡くなってしまう。薫は大君によく似た異母兄妹の浮舟を知り、惹かれていく。「総角」から「東屋」までを収録。

2024.08.06発売予定

官能小説「擬声語・擬態語」用例辞典

永田 守弘

官能小説の擬声語・擬態語(オノマトペ)は、いわば別格の世界である。多彩で、情感と迫力があり、面白く、楽しい。700冊近い官能小説から採取した用語と用例から浮き上がる豊穣な日本語の官能世界。

2024.08.06発売予定

死をポケットに入れて

チャールズ・ブコウスキー 著 ロバート・クラム 画 中川 五郎

「わたしは死を左のポケットに入れて持ち歩いている」。書いて書いて、飲んで、競馬場に入り浸る。日常を手がかりに、生と死、詩と小説、職業と貧乏などの鋭い思考を晩年に綴った散文集。

2024.09.06発売予定

松尾芭蕉 おくのほそ道

松浦 寿輝 選・訳

東北・北陸の各地を旅し、数々の名句や研ぎ澄まされた散文による夢幻的紀行「おくのほそ道」の新訳に加え、芭蕉の生み出した句の中から傑作を精選、各句を深く鑑賞し、解釈する。

2024.09.06発売予定

ひとり温泉 おいしいごはん

山崎 まゆみ

身軽で楽しい「ひとり温泉」旅に出かけてみませんか?名物料理を堪能し、地元の方々と語らい、そして自分を解放するーー。そんな魅惑の「ひとり温泉」を満喫するためのノウハウと素敵な旅エッセイが満載!

2024.09.06発売予定

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

石井 好子

下宿先のマダム特製のオムレツ、仕事後の夜食で食べたグラティネ…1950年代のパリで歌手として暮らした著者による、半世紀以上にわたって読み継がれる料理エッセイの名著、昭和の大ベストセラー。

2024.09.06発売予定

東京の空の下オムレツのにおいは流れる

石井 好子

下宿先のマダム特製のオムレツ、仕事後の夜食で食べたグラティネ…1950年代のパリで歌手として暮らした著者による、半世紀以上にわたって読み継がれる料理エッセイの名著、昭和の大ベストセラー。

2024.09.06発売予定

くそったれ! 少年時代

チャールズ・ブコウスキー 著 中川 五郎

1930年代のロサンジェルスを舞台に、父との対立、母への屈折した思い、性の目覚め、少年たちとの抗争と友情など、ドイツ生まれの主人公が時代や社会へ異和感を抱きつつ成長していく自伝的物語の傑作。