ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. タレント・TV

単行本

キャラクタードラマノタンジョウ

キャラクタードラマの誕生

テレビドラマを更新する6人の脚本家

成馬 零一

単行本 46 ● 232ページ
ISBN:978-4-309-02241-3 ● Cコード:0095
発売日:2013.12.26

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

  • テレビドラマは「キャラクタードラマ」という新フェーズに突入した! 最も刺激的な脚本家6人にスポットを当てる、気鋭の評論家によるネット以降の本格的テレビドラマ批評、ここに誕生!

    ●中森明夫氏推薦!(作家/アイドル評論家)

    『あまちゃん』も『半沢直樹』もキャラクタードラマだった!
    気鋭の批評家による目からウロコの画期的論考……
    これを読まずしてエンタメの未来は語れない!!

    ●宇野常寛氏推薦!(批評家)

    テレビドラマだからこそ描けるものがある。
    僕たちはずっとそう信じてきた。
    本書はそんな確信が書かせた「物語ること」をめぐる物語だ。──

    【本書の内容】
     これが、いま見るべきドラマの脚本家だ!
     『銭ゲバ』の岡田惠和、『最高の離婚』の坂元裕二、『家政婦のミタ』の遊川和彦、『あまちゃん』の宮藤官九郎、『すいか』の木皿泉、『リーガルハイ』の古沢良太……最も刺激的なテレビドラマを作る6人の脚本家の作品を読み解きつつ、テレビドラマの文学的評価を高めた『岸辺のアルバム』や『北の国から』といった《文芸ドラマ》、八〇年代後半に若者の風俗を描き一世を風靡した《トレンディドラマ》に続く、新しいドラマの潮流を《キャラクタードラマ》という新概念で説き起こす。
     岡田惠和氏、遊川和彦氏のスペシャル・インタビューも収録。
     さらにカバー写真には、業界大注目「ミスiD2014グランプリ」蒼波純さんが登場!
     なぜ「家政婦のミタ」は、「あまちゃん」は、「半沢直樹」は、ムーブメントになったのか……この一冊ですべてが判明する。インターネット時代の本格的テレビドラマ評論、ついに誕生!

  • はじめに テレビドラマとは何か。

    第1章 岡田惠和 人間とキャラクターの間で。
    岡田惠和インタビュー キャラクターへの責任について。
    コラム1 ホームドラマ ホームドラマの戦後史

    第2章 坂元裕二 トレンディドラマの申し子。
    コラム2 トレンディドラマ トレンディドラマは終わらない

    第3章 遊川和彦 愛を武器に戦っていく。
    遊川和彦インタビュー 脚本家として戦うということ。
    コラム3 キャラクタードラマ① 漫画/アニメ的な表現をテレビドラマはどう取り込んでいったのか

    第4章 宮藤官九郎 フィクションで現実を上書きする。
    コラム4 キャラクタードラマ② 役者の個性と、内面としてのキャラクター

    第5章 木皿泉 老いとファンタジー。
    コラム5 朝ドラ 朝ドラはなぜ、復活したのか

    第6章 古沢良太 徹底した職人性と隠しきれない狂気。
    コラム6 現実 テレビドラマは東日本大震災をどのように描いたのか

    終章 インターネットとテレビドラマ

著者

成馬 零一 (ナリマ レイイチ)

1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社)。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳