単行本

ノウカガクシャノハハガニンチショウニナル

脳科学者の母が、認知症になる

記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?

恩蔵 絢子

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-02735-7 ● Cコード:0095
発売日:2018.10.18

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

  • 記憶を失っていく母親の日常生活を2年半にわたり記録し、脳科学から考察。アルツハイマー病になっても最後まで失われることのない脳の力に迫る、画期的な書。茂木健一郎氏絶賛!

    茂木健一郎氏絶賛!  
    科学と「人」の間で揺れる。
    「人」であることを受けとめ、考え抜く。
    類い稀な本です。

著者

恩蔵 絢子 (オンゾウアヤコ)

1979年神奈川県生まれ。脳科学者。専門は自意識と感情。東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士課程修了。茂木健一郎との共著に『化粧する脳』、翻訳書に『顔の科学』などがある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳


脳科学者の母が、認知症になる