ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 教育

子どもの素朴な疑問に、どうやって答えよう?
発展的に対話を進め、論理的な思考へと導いていく
好奇心と探究心を高める教育

単行本

コドモノタメノテツガクジュギョウ

子どものための哲学授業

「学びの場」のつくりかた

マシュー・リップマン

アン・マーガレット・シャープ

フレデリック・オスカニアン

河野 哲也 監訳

清水 将吾 監訳

単行本 46変形 ● 388ページ
ISBN:978-4-309-24701-4 ● Cコード:0010
発売日:2015.04.28

定価3,456円(本体3,200円)

△2週間~

  • 子どもが想像力と思考力を広げ、自ら考えられるようになるための、哲学対話の方法と効果を実践的に描く。知識の身につけさせ方のみを考えるのではない、新しい「学び」のための教育論。

著者

マシュー・リップマン (リップマン,マシュー)

1923年生まれ。コロンビア大学やモンクレア州立大学にて、「子どものための哲学」と呼ばれる哲学対話授業の推進に尽力する。邦訳に『探求の共同体』(玉川大学出版)がある。2010年没。

アン・マーガレット・シャープ (シャープ,アン・マーガレット)

フレデリック・オスカニアン (オスカニアン,フレデリック)

河野 哲也 (コウノ テツヤ)

1963年生まれ。立教大学文学部教育学科教授。専門は哲学・教育哲学。NPO法人「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」副代表理事。著書に『意識は実在しない』(講談社)『道徳を問い直す』(ちくま新書)等。

清水 将吾 (シミズ ショウゴ)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳