ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. 音楽_その他

単行本

ササゲルハイノケイジノセカイ

捧げる 灰野敬二の世界

灰野 敬二

単行本 46 ● 328ページ
ISBN:978-4-309-27324-2 ● Cコード:0073
発売日:2012.11.21

定価3,240円(本体3,000円)

○在庫あり

  • あらゆるボーダーを超え、世界中のアーティストのリスペクトを集める、生きながらの伝説・灰野敬二のすべてを伝えるはじめての書。ロングインタビュー、完全ディスコグラフィーなど。

    この本は「灰野敬二の本」か「灰野敬二についての本」なのか、と手に取ったひとは思っているかもしれない。僕はそれに対して、「灰野敬二について」であり、その中で、「灰野敬二が出ている」と答えたい。本でも映画でも、つくりながら、自分の中でどんどん、広がっていって、自分では気づけなかった、自分の他者とのかかわり合い方がうまれて、みんなと仲良くなれて、いろいろな意味をふくめて、楽しかった。僕は楽しくないとやめちゃうから。(中略)

    僕は表現の場においては非日常をひっぱりだす。非日常になっちゃうのと、非日常をんでここに引きずり出すのとは違うからね。……たしかに、非日常はあるんだよ。日を浴びているのが日常だったら、夜はそのとき非日常なわけじゃない? 現前してないわけだから。僕はそれを意識して、昼間であっても、聴くひとが夜を感じられる音楽をできる自負がある。両方あるでしょう、ってやっぱりいいたいんだよ。ひとは昼を見ていると、夜があるのに昼が正義だと思ってしまう。そして、夜になると、夜が正義だと思う。ここが昼なら、地球の裏側は必ず夜なわけだよね。僕はそれを、表裏一体として、見せるのが表現の使命だと思っている。(本書より)

  • ◆はじめに ----灰野敬二

    ◆対談
    音楽を求めて、「音楽」から離れて
    ----ジム・オルーク×灰野敬二

    せめぎあう両極 言葉と即興
    ----佐々木敦×灰野敬二

    生まれ、変わる細胞 生命・身体・場と意識
    ----後飯塚僚×灰野敬二

    ◆愛・魔術・勇気 世界から見たKeiji Haino
    ヒグチケイコ

    ◆ディスコグラフィ
    福島恵一

    ◆活動記録

    ◆あとがきにかえて 灰野敬二インタヴュー

著者

灰野 敬二 (ハイノ ケイジ)

1952年生まれ。ミュージシャン。バンド「不失者」など。アルバム多数。世界的に絶大な評価をうける。2012年「ドキュメント灰野敬二」公開。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳