ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. 音楽_その他

タカダワタル青年、17歳。
音楽家になる前に感じていたすべてのこと。

単行本

マイフレンド

マイ・フレンド

高田渡青春日記 1966―1969

高田 渡

高田 漣

受賞
朝日、読売

単行本 46変形 ● 376ページ
ISBN:978-4-309-27590-1 ● Cコード:0073
発売日:2015.04.17

定価2,750円(本体2,500円)

○在庫あり

  • 没後10年を迎えるミュージシャン高田渡17歳~20歳の日記。フォーク歌手への決意表明、多感な日常、社会運動、そして父の死……日本のフォーク黎明期の貴重すぎる記録。解説=中川五郎。

    タカダワタル青年、17歳。ミュージシャンになる前に感じていたすべてのこと――。

    没後10年を迎えるフォーク・ミュージシャン=高田渡。彼の、17歳から21歳にかけての日記が発見された。
    まだ本格的に音楽活動を始める前の彼自身の、そして日本フォーク・シーンの黎明期の、甘くてせつない“青春の記録”。解説=中川五郎、高田漣


     今、ぼくはアメリカのフォーク・ソングを学びたいと思っている。(…)
     ぼくはいままで、本当に一生をかけようとこんなに強く思ったことはほかにはありません。ですから、絶対にモノにしてみせます。そしてそれを生かしつづけます。
     芸術は大衆の中から生まれ、大衆の中に、大衆とともに生きるべきものです。
     ぼくはかならずやりとげます。何年かかっても…。
    1966・3・16、高田渡(17才)
    (本文より)

著者

高田 渡 (タカダ ワタル)

フォーク・シンガー。1949-2005。著書に『バーボン・ストリート・ブルース』(ちくま文庫)、『個人的理由』(詩集、文遊社)など。

高田 漣 (タカダ レン)

マルチ弦楽器奏者。1973 - 。アルバムに『アンサンブル』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳