ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 宗教

シリーズ: 
  1. KAWADE道の手帖

全集・シリーズ

シンラン

宗教入門

親鸞

浄土真宗の原点を知る

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 A5 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-74042-3 ● Cコード:0015
発売日:2011.12.21

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 親鸞の研究史を振り返り、思想の現代性を問う。松尾剛次、釈徹宗、伊東乾、熊谷誠慈、林智康、延塚知道他。【対談】島薗進×高山貞美。明治~昭和の親鸞論も多数収録。

  • 【親鸞――浄土真宗の原点を知る・目次】
    (親鸞研究の今)
    親鸞は何を為した人だったのか 松尾剛次  

    (論考)
    釈徹宗  親鸞、共振する単独者   
    伊東乾  詠う説教、笑う親鸞―廣陵兼純師の節談説教 
    熊谷誠慈 チベット仏教から見た親鸞・浄土真宗

    (用語解説)
    キーワードで読みとく親鸞 林智康  

    (いま、教えに学ぶ)
    分別が破られた先に―透明な親鸞の知恵 延塚知道

    (対談)
    親鸞、そのひらかれた可能性―外部からの問いかけ 島薗進×髙山貞美
    (解題)
    『歎異抄』と現代――「自力無効」の現実を生きる 水島見一
    生きた聖典『教行信証』 杉岡孝紀
    珠玉の言葉を誦する「三帖和讃」 玉木興慈

    (親鸞論集成)      
    西田幾多郎  愚禿親鸞          
    木下尚江  まことの宗教、まことの信仰
    鈴木大拙  禅宗より観たる親鸞 
    三井甲之  親鸞の宗教より開展すべき今日の宗教
    倉田百三  生活と一枚の宗教 
    三木清   人間、愚禿の心
    田邊元   懺悔道としての哲学
    暁烏敏   親鸞聖人の世界観  
    亀井勝一郎 回向と明晰 
    西谷啓治  親鸞における「時」の問題 
       
    ●略年譜 

著者

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳