シリーズ: 
  1. 文藝

雑誌

ブンゲイ2013シュンキゴウ

文藝 2013年春季号

特集:いとうせいこう

雑誌 A5 ● 304ページ
ISBN:978-4-309-97786-7 ● Cコード:
発売日:2013.01.07

定価1,389円(本体1,286円)

×品切・重版未定

  • 【特集・いとうせいこう】書き下ろし小説「想像ラジオ」/対談:星野智幸/インタヴュー:陣野俊史/論考:佐々木中/エッセイ:渡部直己、ほか【小説】荻世いをら・笙野頼子・中原昌也他

    雑誌「文藝 2013年春季号」より、いとうせいこう氏特集部分のみを抜粋して電子化!
    16年ぶりの新作について自ら語った「「想像ラジオ」を語る」ほか、星野智幸氏との対談、インタヴュー等。ファン必読。
    以下の電子書籍ストアで販売中です!

    Reader Store
    honto
    kobo

  • 【特集】いとうせいこう
    【小説】
    想像ラジオ
    【対談】
    ×星野智幸
    想像すれば絶対に聴こえる
    【エッセイ】
    奥泉光「過激小説唯物論者」
    勝俣州和「狂気の人」
    後藤正文「ライブ・イン・祝島」
    豊﨑由美「そこにリアルはあるのかい?」
    宮沢章夫「新しい身体の誕生」
    渡部直己「小説家・いとうせいこうの再出発」
    【インタヴュー】
    「沈黙」のあとさき
    [聞き手]陣野俊史
    【論考】
    佐々木中
    神秘から奇跡へ——小説家いとうせいこうの苦難

    【小説】
    荻世いをら  おでかけの感じ
    中村文則   体操座り
    中原昌也   ひ
    笙野頼子   ひょうすべの菓子

    【連載完結】
    古川日出男  ロックンロール二十一部作

    【連載】
    高橋源一郎  動物の謝肉祭 第17回
    柳美里    Time after Time 第2回

    【特別企画】
    谷川直子
    [インタヴュー]言葉を持たない人々から溢れる「言葉」
    董啓章 訳・藤井省三
    [講演]未来の考古学——今、香港で書くこと

    【連載】
    鴻巣友季子×市川真人[文芸季評]国境なき文学団
    ——番外編 国境を超える文学賞 

    野崎歓[エッセイ]翻訳せよ、と彼らはいう
    ——第8回 合言葉は「かのように」

    神山修一[書評カレンダー]あの日からのこと
    ——第6回 死体に見捨てられて生きるぼくらの…

    佐藤良明+柴田元幸 佐藤君と柴田君の逆襲


    【BOOK REVIEW】
    小川洋子『ことり』岡ノ谷一夫
    西加奈子『ふる』藤田貴大
    田口ランディ『サンカーラ』藤代泉
    松田青子『スタッキング可能』大澤聡
    村澤和多里・山尾貴則・村澤真保呂『ポストモラトリアム時代の若者たち』白石嘉治
    比嘉徹徳『フロイトの情熱』松本卓也

    第50回文藝賞応募規定

著者

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳