シリーズ: 
  1. 文藝

雑誌

ブンゲイ2016シュウキゴウ

文藝 2016年秋季号

雑誌 A5 ● 550ページ
ISBN:978-4-309-97896-3 ● Cコード:
発売日:2016.07.07

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 【新連載】島田雅彦、津原泰水【小説】片岡義男、仙田学、谷川直子、中山咲、山下紘加ほか【連載完結】今日マチ子【特別企画】「十年後のこと」12人の作家が描く12の世界。

  • 【新連載】
    島田雅彦「絶望キャラメル」
    地方再生+青春×僧侶?――仙人は言った、希望は絶望を肥やしに育つと。二十五年前「幻の転校生」と呼ばれていた男・放念が葦原に帰って来た。いま、原石発掘プロフェクトが始まる!

    津原泰水「夢分けの船」(短期集中連載)
    音楽、夢、……幽霊?――愛媛から東京へ。夢である映画音楽を創る勉強のため上京した修文。彼が住む風月荘七〇四号には、三代前の住人・久世花音を巡るある噂があった……切なくも美しい青春小説。

    【創作(中長篇)】
    仙田学「愛と愛と愛」(160枚)
    現代の「罪と罰」に挑む問題作!――アルコール依存症の洋治の前に現れた、かつての教え子の華。彼女は罪を求めていた、赦されるために……人間の弱さ、そして強さに正面から挑む、著者飛躍作。

    山下紘加「空(くう) そこに私はいない」(文藝賞受賞第一作/160枚)
    「関係」のいまを貫く傑作!――みゆきが浮かべる表情のほとんどは、笑顔だった。『ドール』で衝撃のデビューを飾った著者が父と子、そして女性たちとの関係を通じて紡ぎ出す、現代の個/子の姿。

    中山咲「血と肉」(200枚)
    「生」の根源を凝視する衝撃――その日、わたしは夜行バスに乗って東京を去った……。田舎の海沿いのラブホテル「コート・ダジュール」を舞台に、母と娘、連綿と続く「命」の連鎖を描く意欲作。

    谷川直子「世界一ありふれた答え」(198枚)
    無償の愛を描く著者最高傑作――カウンセリングに通うまゆこが出会った、トキオという男。彼は気鋭のピアニストで、“ジストニア”という、思い通りに指を動かせない病いに罹っていた……。

    【特別対談】
    イーユン・リー×川上未映子
    「『孤独』でしか描けないこと」

    【創作(短篇)】
    片岡義男「ほろり、泣いたぜ」
    ファン・ジョンウン「帽子」 斎藤真理子=訳・解説
    笙野頼子「おばあちゃんのシラバス」
    浅倉卓弥「液晶と携帯電話のフーガ」
    藤野可織「真夏の一日」

    【特別企画】
    十年後のこと
    目の前ではない、違う場所や時間、風景を想像してみる――十二名の作家が創造した十二の世界。大好評企画、ふたたび。

    暁方ミセイ「星林」
    蛭子能収「10年後は天国だったと思う」
    角野栄子「さて……と」
    姜信子「ミッション インポッシブル」
    しりあがり寿「参上!! ミトッタマン」
    壇蜜「ふたつの王国」
    中原昌也「芳子が持ってきたあの写真」
    長嶋有「そういう歌」
    野中柊「i?箱」
    早助よう子「ポイントカード」
    姫野カオルコ「10年前、貴人(かのひと)にはなかった、迷うことが」
    森絵都「Dahlia」

    【最終回】
    今日マチ子「ぱらいそさがし」
    戦争を描いてきた漫画家が、その先にある「天国」を探す旅で考えたこと。

    【エッセイ】
    伏見憲明「由紀夫に倣うか、淳一を往くか」
    近藤聡乃「名前しかない子ども」
    高橋弘希「Apple Musicを拝聴す。――“Sigur Rós”“神聖かまってちゃん”“Temple of the Dog”」

    【連載小説】
    古川日出男 掌編シリーズ 糸糸(いといと)「地上を走る、地中に倒れる、地底を走る/ウォーターメロンガーデン/非常出口の音楽」
    山内マリコ 短篇シリーズ 選んだ孤独はよい孤独「愛とは支配すること」
    絲山秋子「夢も見ずに眠った。」 連作第2回「大きな窓の家」
    宮内勝典「永遠の道は曲りくねる」第7回
    恩田陸「灰の劇場」第11回
    町田康「ギケイキ」第14回

    【連載】
    横尾忠則×保坂和志×磯﨑憲一郎「アトリエ会議」2016年6月10日

    【書評】
    町田康『ギケイキ 千年の流転』 [評者]古川日出男
    平野啓一郎『マチネの終わりに』 [評者]江南亜美子
    李龍徳『報われない人間は永遠に報われない』 [評者]斎藤美奈子
    柳美里『ねこのおうち』 [評者]武田砂鉄
    石川義正『錯乱の日本文学 建築/小説をめざして』 [評者]丹生谷貴志
    松波太郎『月刊「小説」』 [評者]佐々木敦
    山崎ナオコーラ『美しい距離』 [評者]彩瀬まる
    最果タヒ『少女ABCDEFGHIJKLMN』 [評者]金原瑞人
    ノヴァイオレット・ブラワヨ『あたらしい名前』 [評者]いしいしんじ
    陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲列伝』 [評者]野崎歓
    津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』 [評者]鹿島田真希
    加藤千恵『ラジオラジオラジオ!』 [評者]倉本さおり

    第五四回文藝賞応募規定
    著者一覧 

著者

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳