シリーズ: 
  1. 文藝

雑誌

ブンゲイ2019ネンカキゴウ

文藝 2019年夏季号

雑誌 A5 ● 520ページ
ISBN:978-4-309-97970-0 ● Cコード:
発売日:2019.04.05

定価1,490円(本体1,380円)

○在庫あり

  • 約20年ぶりとなる大リニューアル号にして、「平成」最終号。新連載開始、文藝賞新選考委員発表など、必読の1冊。

    文芸再起動。
    新時代の文学はここから始まる――

  • 【連載開始】
    いとうせいこう 「福島モノローグ WITH COWS」
    岸政彦×柴崎友香 「大阪 地元を想像する/港へたどり着いた人たちの街で」
    木下古栗 「酷暑不刊行会」

    【特集】 
    天皇・平成・文学

    [対談]
    池澤夏樹×高橋源一郎 「なぜ今、天皇を書くのか」

    [長篇一挙掲載]
    古谷田奈月 「神前酔狂宴」(370枚)

    [創作]
    温又柔 「君の代と国々の歌」
    岡田利規 「黄金期」
    福永信 「ラストソング」
    飛浩隆 「鎭子」
    小川哲 「密林の殯」

    [ロングエッセイ]
    東浩紀 「平成という病」

    [エッセイ〈平成文芸何読んだ?〉] 
    三宅唱 「もくもくと素手で」
    こだま 「高校の図書室がすべてだった」 
    椿 「生きること、死ぬことへの挑戦状」
    はらだ有彩  「エピローグのない物語の終わりに」
    斉藤壮馬 「エトワール、スーブニール」
    笠井叡 「平成の時代に響く極上の声」
    諏訪部浩一 「「反平成」的なものを求めて」

    【中篇】
    仙田学 「アイドル」(118枚)

    【創作】
    小川洋子 「ダイアナとバーバラ」
    佐々木譲 「時差もなく」
    藤田貴大 「産毛にとって」

    【追悼 橋本治】

    [遺稿]
    橋本治 「異邦人」第二夜
    小池信雄 「「わかっちゃった」人」
    酒井順子 「〝新しい分け方〝を見せてくれた」
    古川日出男 「印象、力、感情」

    【特別寄稿】
    池澤夏樹 「されく魂」 石牟礼道子一周忌に寄せて

    【新コーナー】
    「この装幀がすごい!」 第1回ゲスト haru. /川名潤・佐藤亜沙美 
    倉本さおり 「はばたけ!くらもと偏愛編集室」
    「反安心安全読書日記」 第1回 kamui


    【連載完結】
    横尾忠則×保坂和志×磯﨑憲一郎 「アトリエ会議」 2019年2月25日
    新堂冬樹 「1830」 最終回

    【季評】
    山本貴光 「文態百版」

    【連載】
    李龍徳 「あなたが私を竹槍で突き殺す前に」 第4回
    最果タヒ 「パパララレレルル」 第8回
    恩田陸 「灰の劇場」 第22回
    町田康 「ギケイキ」 第25回

    【書評】
    赤坂真理『箱の中の天皇』[評]小島慶子
    ミヤギフトシ『ディスタント』[評]鈴木みのり
    谷崎由依『藁の王』[評]櫻木みわ
    町屋良平『ぼくはきっとやさしい』[評]星野概念
    今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』[評]はるな檸檬
    ウィリアム・ギャディス/ 木原善彦 訳『JR』[評]水戸部功
    チョ・ナムジュ他『ヒョンナムオッパへ 韓国フェミニズム小説集』[評]鳥飼茜
    高山羽根子『居た場所』[評]大前粟生
    マーク・フィッシャー/五井健太郎 訳 『わが人生の幽霊たち うつ病、憑在論、失われた未来』[評]後藤護

    山本貴光 「文芸的事象クロニクル」 2018年12月~2019年2月

    第57回文藝賞応募規定

著者

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳