KAWADEムック

ウッドストックセンキュウヒャクロクジュウキュウ

ウッドストック1969

ロックフェスの始まり、熱狂の終わり、50年目の真実

河出書房新社編集部

ムック A5 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-97981-6 ● Cコード:9473
発売日:2019.08.06

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 「ウッドストック・フェスティバル」より50年。その歳月によって掘り起こされた事実をベースに「伝説」の意味を問い直す総特集。

    60年代を象徴し、「愛と平和の祭典」として語られるウッドストックだが、そのインパクトは音楽のみに留まらず、政治・経済・社会・文学などに波及した歴史的出来事だった。1969年以降、私たちは何を得て、何を失ったのか――50年の歳月によって掘り起こされた真実と歴史的な文脈の中から「伝説」の意味を問い直す。

  • [インタビュー]
    曽我部恵一 ラブ&ピースって何のこと?

    [エッセイ]
    久保田麻琴 A lot of freaks!
    福島康之 勝手にウッドストックと僕
    スガナミユウ 熱のゆくえ

    [対談]
    佐野元春✕室矢憲治
    再起し続けるストリートの精神――R.I.P.,Rip it up, Have up all

    [仮想ドキュメント]
    ウッドストックの3日間
    大鷹俊一

    [出来事としてのWSF]
    室矢憲治(MUROKEN) 泥だらけの微笑み――未来へのメモワール

    [民衆史としてのWSF]
    湯浅学 泥だらけのユサユサを考える
    樋口泰人 ウッドストックには白塗りの男がいたはずだ
    マニュエル・ヤン ウッドストックからDRUMまで――資本と階級闘争の揺れ動く指標としてのカウンターカルチャー

    [1969以降の世界]
    武田砂鉄 ウッドストックを終わらせた不良(ナスティ)バンドたち
    萩原健太 そして、ウッドストックは語り継がれる
    北中正和 ウッドストックの地平線
    五十嵐正 History of Rock Festival――葛藤のフェスティバル史
    長澤唯史 ウッドストック、ロックとカウンターカルチャー――再考と再評価の試み

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳