検索結果

16件中 116件を表示 | 表示件数   件

小倉ミチヨ入院記録、退院の後

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

小倉ミチヨ入院記録、退院の後

相対会

世界にも稀な性記録(相対レポート)を、夫の小倉清三郎をたすけて後世に遺した小倉ミチヨが、自らの春的経験(性欲・性衝動)と性反応・性心理をつつみ隠すことなくありのままに綴った裸の観察録。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2003.02.07発売
  • ISBN 978-4-309-47443-4

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
男嫌ひの女

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

男嫌ひの女

相対会

  • 河出i文庫 / 288頁
  • 2002.10.08発売
  • ISBN 978-4-309-47439-7

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
医務室をめぐる女達

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

医務室をめぐる女達

相対会

<男は、その女の、とろかすやうな素振りにたまらなくなり、女の身体をぐっと引き寄せた……>――男から誘いをかけられた女たちが示すさまざまな媚態を綴った表題作ほか、幻のセックスレポート六編。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2002.07.07発売
  • ISBN 978-4-309-47435-9

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
始めて見た世界

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

始めて見た世界

相対会

〈兄夫婦は毎晩よくした。私は、毎晩のように、フウフウという息づかいと、ピチャピチャニチャニチャという音と、ゴソゴソと紙を揉む音を聞きつつ夜を過した〉――交接への目覚めを綴ったレポートなど。

  • 河出i文庫 / 240頁
  • 2002.03.07発売
  • ISBN 978-4-309-47429-8

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
本能の暗き旅路

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

本能の暗き旅路

相対会

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2001.11.07発売
  • ISBN 978-4-309-47425-0

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
忘られぬ女

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

忘られぬ女

相対会

関係した五、六十人のうち、一度か二度の交接でその快味が忘れられない女は三、四人しかいない。いずれも不承不承に同衾したところ思いがけない特殊な快味を感じたというものだ――幻のセックスレポート!

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2001.07.07発売
  • ISBN 978-4-309-47419-9

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
百合子

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

百合子

相対会

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2001.01.13発売
  • ISBN 978-4-309-47412-0

定価637円(本体590円)

×品切・重版未定

詳細を見る
彼女と彼

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

彼女と彼

相対会

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2000.09.07発売
  • ISBN 978-4-309-47403-8

定価576円(本体533円)

×品切・重版未定

詳細を見る
暗色の女の群

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

暗色の女の群

相対会

最も気に入ったのは、交接の快味が多く、もちものの具合がよく、技巧に富んでいる女だった。最初から液をたくさん流す女にもはじめて出会った。――大正末期に私娼や高等淫売と交媾を重ねた男の体験記。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2000.05.05発売
  • ISBN 978-4-309-47398-7

定価627円(本体581円)

×品切・重版未定

詳細を見る
女流楽人の追憶

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

女流楽人の追憶

相対会

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2000.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-47392-5

定価617円(本体571円)

×品切・重版未定

詳細を見る
それからそれ

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

それからそれ

相対会

「上に乗って腰を使え、四つん這いになれ、陰部を見せろ」と要求する夫が情婦と逐電した後、芸者稼業に入り、不見転、旦那持ちなどを経験した三十女が語る男出入り、男の味、男との交接百態。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 1999.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-47389-5

定価586円(本体543円)

×品切・重版未定

詳細を見る
赤い帽子の女

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

赤い帽子の女

相対会

第一次世界大戦直後のベルリン。森の中で、ホテルで、ドイツ娘と日本の男とがくりひろげる濃密な愛欲絵巻を官能美豊かに描き、芥川龍之介の手すさびかと話題になったまぼろしのセックス・レポートなど。

  • 河出i文庫 / 256頁
  • 1999.08.04発売
  • ISBN 978-4-309-47382-6

定価576円(本体533円)

○在庫あり

詳細を見る
女から挑まれた経験

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

女から挑まれた経験

相対会

  • 河出i文庫 / 248頁
  • 1999.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-47379-6

定価576円(本体533円)

○在庫あり

詳細を見る
忘れ難き二十二歳の娘

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

忘れ難き二十二歳の娘

相対会

  • 河出i文庫 / 232頁
  • 1999.03.04発売
  • ISBN 978-4-309-47376-5

定価555円(本体514円)

○在庫あり

詳細を見る
避難宿の出来事

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

避難宿の出来事

相対会

大水で列車が止まり、男は乗り合わせた若い人妻二人と同宿する。宿が満杯のため、三人は三畳一間に一つ夜具で寝る仕儀となる。挑む男を二人の女は拒まず迎え入れ、四日四晩の性宴がくりひろげられる。

  • 河出i文庫 / 240頁
  • 1998.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-47372-7

定価555円(本体514円)

○在庫あり

詳細を見る
田原安江

文庫・新書

〔相対レポート・セレクション〕

田原安江

相対会

キンゼイ・レポートをしのぐ一大ドキュメントであり、生心リポートと並んで性研究の裸の素材として双璧といわれる相対レポートのなかから選りすぐっておくる〈幻のセックスレポート〉新シリーズ第一弾。

  • 河出i文庫 / 296頁
  • 1998.09.04発売
  • ISBN 978-4-309-47368-0

定価637円(本体590円)

○在庫あり

詳細を見る