検索結果

7件中 17件を表示 | 表示件数   件

外来語

ことば読本

外来語

文化、文明の発達とともに流れ込む外来語の洪水の中で、積極的に外来語を受け入れたり時には排除したりしながら、たくましく生きつづける日本語の柔軟な構造に光を当てる。

  • 単行本 / 224頁
  • 1993.02.25発売
  • ISBN 978-4-309-72157-6

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
定型の魔力

ことば読本

定型の魔力

〈定型の 魔力の 森の 深さかな〉単価・俳句に代表される定型詩の魅力はどこから来るか?五音と七音の組み合わせによる、一見単純な、だが玄妙な日本語の音楽性をさぐる。

  • 単行本 / 228頁
  • 1992.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-72156-9

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
日本語の起源

ことば読本

日本語の起源

河出書房新社編集部

日本語はどこから来たのか? 朝鮮語、モンゴル語、南方言、アイヌ語、タミル語など、周辺のさまざまな言語と比較照合しつつ、はるかなる日本語の源流を探る。

  • 単行本 / 244頁
  • 1990.07.26発売
  • ISBN 978-4-309-72155-2

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
方言と共通語

ことば読本

方言と共通語

河出書房新社編集部

近代国家が選定した、便利で洗練された共通語と、ながい歴史を持ち、野生的な魅力や独得のニュアンスを湛えた方言。その二つの言語がせり合いながら共存している状況を考察する。

  • 単行本 / 244頁
  • 1990.06.29発売
  • ISBN 978-4-309-72154-5

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ことば遊び

ことば読本

ことば遊び

河出書房新社編集部

人間は、遊ぶ動物であり、古来からさまざまなことば遊びをしてきた。古今東西のことば遊びの実例をあげながら、その面白さを楽しみ、また、ことばの不思議さを論究する。

  • 単行本 / 244頁
  • 1990.03.20発売
  • ISBN 978-4-309-72153-8

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
手紙のことば

ことば読本

手紙のことば

河出書房新社編集部

電話やファックスが発達しても、手紙は心のこもったメッセージの手段として気きつづけている。手紙の歴史、手紙の役割や面白さ、手紙の書き方など、手紙の全てを知る。

  • 単行本 / 256頁
  • 1989.12.19発売
  • ISBN 978-4-309-72152-1

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
やまとことば

ことば読本

やまとことば

河出書房新社編集部

日本語は時代の荒波に揉まれながらも力強く生き延びている。日本語の骨格であり、血である《やまとことば》の永久耐性や深い味わいにスポットを当てた読んで面白い論集。

  • 単行本 / 240頁
  • 1989.07.31発売
  • ISBN 978-4-309-72151-4

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る