検索結果

黒古 一夫 (クロコ カズオ)

1945年、群馬県生まれ。筑波大学教授。作品に『北村透谷論』『祝祭と修羅』『大江健三郎論』『立松和平――疾走する文学精神』『原爆とことば』『立松和平伝説』など。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

作家はこのようにして生まれ、大きくなった――

日本文学

作家はこのようにして生まれ、大きくなった――
大江健三郎伝説

黒古 一夫

戦後青年の精神状況を政治と性を媒介に描出する大江健三郎――デビュー以前の中・高校時代に多くの詩及び小説を書いていた(新資料)文学的出発から、難解と言われる大江文学を解読。

  • 単行本 / 264頁
  • 2003.09.29発売
  • ISBN 978-4-309-01575-0

定価1,980円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る