ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. アート

単行本

オリンピックデザインゼンシセンハッピャクキュウジュウロクニセンニジュウ

オリンピックデザイン全史 1896-2020

マルクス・オスターヴァルダー

中川 泉

戸田 早紀

竹田 純子

単行本 A4変形 ● 1560ページ
ISBN:978-4-309-29073-7 ● Cコード:0070
発売日:2020.12.02(予定)

予価37,400円(本体34,000円)

※未刊

  • 1896年の第1回アテネ大会から2020年東京大会まで、125年間のオリンピック全大会のエンブレムやポスターからメダルやマスコットまであらゆるデザインを網羅して紹介する完全版。

    1896年第1回アテネ大会から2020年第32回東京大会まで、冬季を含む近代オリンピック125年の全デザイン・コレクション! 1560ページ、オールカラー。

     第2次世界大戦のため中止となった1940年東京・札幌オリンピック大会など、幻のデザインまで網羅的に収録した膨大な超一級史料を世界初公開。デザイナーの紹介やエンブレムや公式ポスターから、ピクトグラム、公式刊行物、入場券、マスコット、受賞メダルまで、各大会の独自のデザインを幅広く紹介した本書からは、同時に各時代の背景と、各国の最高のデザイナーが総力をあげて生み出した思いが見えてくる。

     デザインコンセプトを決定していく過程、試作品や制作風景、スタッフたち、さまざまなデザイン・バリエーションの展開なども同時に楽しめる。貴重な写真や史料をふんだんに織り交ぜながら、圧倒的な図版数で迫る豪華本である。

    「エンブレム」の特集ページでは特筆すべき著者の記載がある。「歴代のオリンピック・エンブレム・デザインの上位3位までを個人的に挙げるとしたら……まぎれもないチャンピオンは、1964年東京オリンピックである。亀倉雄策のデザインしたエンブレムの優雅さ、明快さ、緻密さは他の追随を許さない」。その意味で、私たち日本人が誇れるデザインとしてのオリンピックがある。

     1964年の東京オリンピックを例に本書の内容を紹介すると、次のようになる。参加国・参加選手数などの基礎データ、大会とデザインの概要説明、大会を仕切ったデザイナー亀倉雄策の詳しい紹介、エンブレムのコンペ、タイポグラフィ、エンブレムとイメージカラー、エンブレムのパターン、制作側のデザインガイド、公式ポスター、広告ポスター、競技ピクトグラム(全種目)、案内ピクトグラム、公式刊行物、文化イベント、IDカードとバッジ、競技入場券、荷物タグ、入賞メダル、参加メダル、賞状、参加証書。32ページの中に、写真を含めたデザイン関連図版213点、街中や選手村の風景写真14点、合計227点が掲載されている。大会ごとに特徴が違うので、掲載図版も多少のばらつきはあるが、全体に統一された編集になっている。

     私たちは2021年に東京オリンピックを迎える。本書にもエンブレムやマスコットが掲載されている。そして、他のオリンピックも見てみよう。気づかなかったデザインの数々にあらためて驚くことだろう。

著者

マルクス・オスターヴァルダー (オスターヴァルダー,マルクス)

1964年生まれ。グラフィックデザイナー。オリンピック歴史家、アーキヴィスト、オリンピック・コレクター。約30年間、オリンピックデザインを研究。スイスの博物館に6万点の資料やコレクションを収める。

中川 泉 (ナカガワ イズミ)

翻訳家。D・クリスチャンセン『ビッグヒストリー』、DK社『太陽系惑星大図鑑』、P・ホワイトマン『世界の航空機 大図鑑』、R・ニッコリ『世界の飛行機』など。

戸田 早紀 (トダ サキ)

津田塾大学学芸学部英文科卒業。翻訳家。主な訳書、ハールバート他監修『WOMEN 女性たちの世界史 大図鑑』、オスターヴァルダー『オリンピックデザイン全史』(以上共訳)、チャーチル『風の向くまま』など。

竹田 純子 (タケダ ジュンコ)

翻訳家。D・クリスチャンセン『ビッグヒストリー』、DK社『太陽系惑星大図鑑』、P・ホワイトマン『世界の航空機 大図鑑』、Y・ラビン『ラビン回想録』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳