ジャンル: 
  1. ノンフィクション

単行本

ニッコウヒャクニジュウサンビンツイラクノハモン

日航123便 墜落の波紋

そして法廷へ

青山 透子

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02812-5 ● Cコード:0036
発売日:2019.07.16

定価1,870円(本体1,700円)

△2週間~

  • 日航ジャンボ機御巣鷹墜落事故の被害者は日本人だけではない。その後苦難の人生をたどった英国女性を取材、過去の事故を精査しつつ、今後の展開を探る。

著者

青山 透子 (アオヤマ トウコ)

元日本航空国際線客室乗務員。国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業等の接遇教育に携わり、専門学校、大学講師として活動。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

あの晩のことは、少し覚えていました。生後三ヶ月の息子に、夜中 ミルクを与えながら、テレビを付けて、心配していました。飛行機が、墜落したってこと?何処に、救助活動は?なぜ、燃えているはずなのに、場所が、特定できないのか?不思議でした。やっと、情報操作されていたのだと、確信が持てました。もっと事実が、知りたい、そして、生きている私達が、当たり前のことを追求して、対応していかなければ、ならないと、私に、できることが、ないかと、読み終えた後、痛感しています。出版社の皆様、青山様、勇気ある行動を有難うございます。今後の出版を、また、願っております。 (菜々ちゃん さん/62歳 女性)

youtubeのアシタノワダイの動画がきっかけで読みました。
関係者でなくとも、無関心でいる事が同罪になる様な気がして…
青山さんの活躍、応援します。 (T F さん/54歳 男性)

33回忌を機に、さらにパワーアップされ続々と発刊には有難うございます。
事件を世に問うていただいてからも、やはり私は矛盾を、ボイスレコーダーの中に聞いては
「おかしい!」
と、いう思いが、家事をしながらでも、度々おりて来るのです。

「何か爆発したぞ」と、あの時
機長さん発されたのが、正しい録音起こしならば

「爆発は何?」的な質問が、追加で、一度もキャビン内に対して、なされない。
確認を要請しない。
そんな不自然な事があるでしょうか。

通常、空の上で「爆発」を感じたなら人は平常心では居られません。
至極冷静な、会話のキャッチボールがその後も続いた事で、あのワンフレーズは
「爆発」という発音では99.9%無かった
と、断言したいです。

ご著書はもれなく購入し、青山先生を応援し続けます。。。
この度もお疲れ様でございます。。兵庫県T (地獄みみはツラいよ さん/50歳 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳