ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

単行本

パンノレキシ

パンの歴史

スティーヴン・L・カプラン

吉田 春美

単行本 46 ● 512ページ
ISBN:978-4-309-22420-6 ● Cコード:0022
発売日:2004.11.22

定価3,850円(本体3,500円)

×品切・重版未定

  • フランスのパンが世界で最もおいしいとされた18世紀から現代までの歴史を振り返り、フランスパンの製法の変質、また危機に瀕した伝統産業復活の軌跡を多角的に考察した歴史読物。

著者

スティーヴン・L・カプラン (カプラン,スティーヴン・L)

コーネル大学、フランス政治学院、高等師範学校教授。ヨーロッパ史研究で最も知られたアメリカ人歴史家のひとり。フランス語の著書として『飢饉の陰謀、18世紀のあるうわさの物語』『パンと民衆と王、ルイ15世治下の自由主義の戦い』『パリの胃袋、フランス・アンシャン・レジーム期の権力と食料供給』『世界でいちばんおいしいパン、18世紀パリのパン屋』等多数。

吉田 春美 (ヨシダ ハルミ)

上智大学文学部史学科卒業。フランス語翻訳家。訳書に『エジプトの神々事典』『お菓子の歴史』『パンの歴史』『毒殺の世界史』『バチカン・シークレット』『骨から見る生物の進化』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳