ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

あの時、何が起きていたのか? 今、何が起きているのか?
福島第一原発の現役作業員による3・11からの「生」の手記。

単行本

フクシマダイイチゲンパツシュウソクサギョウニッキ

福島第一原発収束作業日記

3・11からの700日間

ハッピー

受賞
朝日

単行本 46 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-24636-9 ● Cコード:0036
発売日:2013.10.24

定価1,728円(本体1,600円)

△2週間~

買物かごへ入れる

  • 汚染水問題、東電の工程表の欺瞞……今起きていることは全て予見されていた。3.11からほぼ毎日のようにツイッター上で綴られた、福島第一原発作業員による事故の収束作業日記。

    「2011年3月11日14時46分——。
     オイラはその時、福島第一原子力発電所(1F)で原子炉建屋内のオペフロ(建屋最上階のオペレーティングフロア)で作業してたんだ。
     ドドン!という縦揺れの後、最初のグラグラッという横揺れが、ゆっくりとグーラグーラという大きな横揺れに変わり何分間か続いた。オイラは中越沖地震(2007年)の時、柏崎刈羽原子力発電所の定期検査で作業してた経験もあり、「あぁ、あの時と同じ感じだなぁ…」って思いながら、近くの手摺りにつかまり、両足で踏ん張って何とかその場に立っていた。
     何分間か経って、その大きな横揺れがだんだん小さくなってきて「柏崎の時と同じく地震が収まる」と思って安心した次の瞬間、ゴゴォー!っという感じの今まで経験した事のない大きな横揺れが始まったんだ」

    あの時、何が起きていたのか? 今、何が起きているのか?
    福島第一原発の現役作業員による3・11からの「生」の手記。


    「ハッピーさんが教えてくれる原発事故情報が、余計な不安と嘘めいた安心をどれだけぬぐいさってくれることか」
    ——いとうせいこう

    「進まぬ汚染水処理、劣悪な労務環境、困難を極める廃炉作業……。
    名もなき原発作業員の「つぶやき」がこれほどまでに胸を打つのは、そこに原発の「細部」を描写するこだわりと、仲間たちへの暖かい目線、そして強い覚悟があるからだ。
    本書は貴重な原発事故の記録であり、どんな報道関係者にも真似できないルポルタージュであり、新世代の労働者文学でもある。
    ハッピーさんを通して知ることができた原発作業員たちの等身大の日常は、我々が決して目を背けてはいけないものだ。
    ハッピーさんがいてくれて、良かった。」
    ——津田大介

  • はじめに

    プロローグ 爆発
    ——死を覚悟した4日間 2011年3月11日〜15日

    第1章 待機
    ——がんばろう日本! 2011年3月

    第2章 死闘
    ——汚染水がピンチ 2011年4月〜7月

    第3章 乖離
    ——現実より「工程表」 2011年8月〜11月

    第4章 神話
    ——「収束」なんてしていない 2011年12月〜2012年3月

    第5章 限界
    ——仮設システムが悲鳴 2012年4月〜9月

    第6章 危機
    ——再び汚染水がっ! 2012年10月〜2013年3月

    エピローグ 希望
    ——オイラの願い

    おわりに

    コラム
    1 作業員の生活
    2 出会い
    3 原発事故と動物
    4 事故前の原発1
    5 事故前の原発2

    解説 未来への責任 布施祐仁

著者

ハッピー (ハッピー)

20年近くのキャリアを持つ原発作業員。福島第一原発で作業中に東日本大震災に遭い、事故発生当初から現在まで断続的に収束作業に従事する。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

到着して、直ぐに読み始めました。アカウントもフォローしていますが、書籍の形に残されていると落ち着きつつ他の資料や当時の様子と照らし合わせながら読めるのでありがたいです。
Happyさんの気持ち、そして将来への大事な言葉の集まりだと思っています。

どうぞ、これだけでは終わらせないで全て書籍として残してください。絶対に将来必要になります。Happyさん、河出さん、応援してます! (にゃるしふぁ さん/41歳 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳