ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

単行本

インターネットガバナンス

インターネットガバナンス

世界を決める見えざる戦い

ローラ・デナルディス

岡部 晋太郎

受賞
日経

単行本 46変形 ● 360ページ
ISBN:978-4-309-24724-3 ● Cコード:0036
発売日:2015.09.17

定価2,808円(本体2,600円)

○在庫あり

  • インターネットで繰り広げられる壮絶な覇権争い。私たちの未来を決めるこの見えざる争いについて、技術的な仕組みや権力構造を踏まえわかりやすく解説する。知らずには済まないネットの今。

    津田大介氏(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)推薦!
    「新聞を読んでも決して見えてこない世界の「現実」がそこにある。
    今後、本書で示された100以上の論点を踏まえない我流のネット論が
    相手にされることはないだろう。」

  • はじめに

    第1章 インターネットを管理する?
    1 インターネットガバナンスの5つの特徴
    2 インターネットガバナンスに含まれるもの
    3 各章の概要

    第2章 インターネットを動かす重要な資源
    1 インターネットの番号と名前を読み解く
    2 分権化された資源管理の構造 ――その歴史と現在
    3 技術的資源とコミュニケーションの権利の関係

    第3章 インターネットの標準を決める
    1 プロトコルの誕生
    2 社会のルールとしての標準
    3 標準化がつくるガバナンス

    第4章 サイバーセキュリティのガバナンス
    1 サイバーセキュリティの台頭
    2 政治・安全保障・サイバーセキュリティ

    第5章 インターネットのコア
    1 自律システムとインターネットエクスチェンジ――インターネットの屋台骨
    2 相互接続を取り巻く取引
    3 インターネットのコアで生じている問題

    第6章 ネット中立性
    1 4つの差別的な取扱い事案
    2 避けられないトラフィック区別
    3 ネット中立性はいつも非中立的

    第7章 SNSや検索エンジンが果たす公的役割
    1 民営化される表現の自由
    2 プライバシーの媒介
    3 口コミのガバナンス
    4 国家の代わりとなる媒介者

    第8章 インターネットと知的財産権
    1 技術により可能となる海賊行為とその取締り
    2 知的財産権の保護に使われる3つのインフラ
    3 インターネットに埋め込まれた知的財産権

    第9章 インターネットガバナンスの暗黒技法
    1 DPI――「インテリジェントな政策実行」か「プライバシーの死」か
    2 「キルスイッチ」の解剖学
    3 委任された検閲
    4 人権抑圧のためのDDoS攻撃
    5 デジタル空間における表現の自由を再考する

    第10章 インターネットガバナンス、そしてインターネットの自由
    1 相互接続を規制する動き
    2 マルチステークホルダリズムとは
    3 ファウスト的取引としてのオンライン広告――無料サービスとプライバシーの交換
    4 匿名性の喪失
    5 失われゆく相互運用性
    6 DNSをコンテンツ保護のメカニズムへ
    7 インターネットガバナンスの未来

    用語集
    原注

著者

ローラ・デナルディス (デナルディス,ローラ)

アメリカン大学コミュニケーション大学院教授。フォーチュン500企業や政府機関等のアドバイザー、米国務省の国際情報通信政策アドバイザリー委員会のメンバーを務める。インターネットガバナンスの世界的研究者。

岡部 晋太郎 (オカベ シンタロウ)

総務省に入省後、情報通信法制の企画・立案や情報通信産業の調査分析に従事。情報通信国際戦略局国際政策課所属。ミシガン大学公共政策学修士。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳