ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

単行本

アンドロイドレディノキスハアマイノカ

アンドロイドレディのキスは甘いのか

黒川 伊保子

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 184ページ
ISBN:978-4-309-24795-3 ● Cコード:0004
発売日:2017.02.28

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

  • 私は、34年前から、人工知能のエンジニアとして生きてきた。その私の周辺には、いつもこの問いがあったような気がする。――人工知能がヒトの知性を超える日は、来るのだろうか。

    【内容紹介】
    コンピュータが、人類を超える日。
    このことに、人々が怯えるようになったのはいつだろう。人工知能は、天使か悪魔か?
    ようこそ、人工知能と人間の境を見極める思考の旅へ――。
    この旅は、私たちがもっと輝いて生きるためのヒントでいっぱい!

    私は、34年前から、人工知能のエンジニアとして生きてきた。その私の周辺には、いつもこの問いがあったような気がする。――人工知能がヒトの知性を超える日が来るのだろうか。ただ、私はいつも、質問に質問で返した。「では、あなたの言う、ヒトの知性ってなに?」――「はじめに」より

    ヒトの尊厳は「優等生である」場所にはない。
    なぜなら、そんなことは、やがて人工知能にとって代わられるからだ。
    「はみ出す存在」になれば、人工知能に負けることはない。


    【著者略歴】
    1959年、長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科を卒業。株式会社感性リサーチ代表取締役。富士通ソーシアルサイエンスラボラトリで人工知能の研究に従事した後、世界初の語感分析法を開発。マーケティング分野に新境地を拓く感性分析の第一人者となる。脳科学と独自のマーケティングをもとに人間の思考や行動を綴ったベストセラー多数。著書に『恋愛脳』、『「しあわせ脳」に育てよう!』、『キレる女 懲りない男』、『英雄の書』、『脳科学的に正しい恋愛脳の作り方』『感じることば』など。

  • 【目次(一部抜粋)】

    1.ようこそ、人工知能ワールドへ
    人工知能とは何か
    イタリア男のつぶやき
    母音と子音が、世界を二つに分ける
    日本人が中庸だったわけ
    本当の「人工知能時代の幕開け」

    2.人工知能が、人類を超えられない理由
    あなたを選んで生まれてきた
    脳の最初のひとしずく
    感性の科学を目指す人たちへ
    語感の可視化
    Mの奇跡

    3.人工知能というクライシス
    AIクリエイターが世界を変える
    「自分」をアシスタントにする
    「頭がいい」の意味が変わる
    人工知能が夫婦仲を良くする?
    奇跡さえ起こす、男性脳の妄想力

著者

黒川 伊保子 (クロカワ イホコ)

長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒。富士通ソーシアルサイエンスラボラトリで人工知能の研究に従事した後、株式会社感性リサーチを設立。『恋愛脳』『夫婦脳』『キレる女懲りない男』等ベストセラー多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳