ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

“いま”と“これから”がわかる

単行本

サイエンスブックトラベル

サイエンス・ブック・トラベル

世界を見晴らす100冊

山本 貴光

単行本 46 ● 216ページ
ISBN:978-4-309-25323-7 ● Cコード:0040
発売日:2015.03.26

定価1,728円(本体1,600円)

△2週間~

買物かごへ入れる

  • 「シロウトでも最先端がわかる一冊は?」に答えてくれた、気鋭の科学者ら30名による渾身のブックレビュー。昆虫、深海、素粒子、心理学からデータサイエンスまで、かなり遠くまで行けます。

  • はじめに 山本貴光

    《1.宇宙を探り、世界を知る》
    ・この世界の究極の姿は何か? ──多田将
    ・人はなぜ宇宙を探るのか? ──福井康雄
    ・光より速く進むことは可能か? ──赤木昭夫
    ・人類はどこまで宇宙を理解したか? ──大内正己
    ・地球の変動は人類をどう変えたのか? ──鎌田浩毅
    ・ハチは飛んできたか? ──大河内直彦
    ・進化とは何か? ──長沼毅

    [特別寄稿]「ポピュラーサイエンス書の素顔」 ──青木薫
    [Column]中継点1 子どもの絵本に接近 ──山形昌也
    [旅の心得1] 巨人の肩によじのぼろう

    《2.生命のふしぎ、心の謎》
    ・心はどこにあるのだろうか? ──山口創
    ・動物はどんなふうに働いているのか? ──本川達雄
    ・生物は、細胞は、果たしてどう進化してきたのか? ──武村政春
    ・生物の分類や進化は科学的に研究できるのか? ──三中信宏
    ・昆虫は人間の写し鏡か? ──小松 貴
    ・四千年も歴史がある膨大な「医学」を学ぶには、いったいどこから手を付けたらいいのだろう? ──森皆ねじ子
    ・動物に心があるか? ──岡ノ谷一夫
    ・『毒物事典』で分かることとは何か? ──南伸坊 

    [Column]中継点2 科学館で立ち止まる ──籔本晶子
    [Column]中継点3 科学新書を眺める ──小澤久
    [旅の心得2] 森羅万象に”仲間”を見つけよう
    [特別インタビュー] 宇宙と海の深い ──JAXA矢野創×JAMSTEC高井研

    《3.未来を映す》
    ・私たちが〈身体性〉を備えるとはどういうことなのか? ──岡田美智男
    ・科学的な思考とは何か? ──吉成真由美
    ・未来の医療はどうなるだろうか? ──鈴木晃仁
    ・卵はどうして「私」になるのか? ──榎木英介
    ・ビッグデータは世界をどう変えるのか? ──矢野和男
    ・五感で科学を捉えるには? ──山田暢司
    ・SF小説を書くには? ──藤井太洋
    ・ロボットは感情を持てるのか? ──西垣通

    [Column]中継点4 書店で一服 ──上村雄太
    案内人の名著

著者

山本 貴光 (ヤマモト タカミツ)

1971年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。文筆家、ブックナビゲーター。東京工芸大学非常勤講師。「哲学の劇場」主宰。著書に『文体の科学』、共著書に『コンピュータのひみつ』『心脳問題』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳