ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

単行本

アメノシゼンシ

雨の自然誌

シンシア・バーネット

東郷 えりか

単行本 46 ● 384ページ
ISBN:978-4-309-25355-8 ● Cコード:0044
発売日:2016.09.22

定価2,916円(本体2,700円)

○在庫あり

  • 雨という身近な自然現象を、惑星・地球科学から、考古学や歴史・文化・文学にいたるまで、きわめて幅広く、細部と深淵を解き明かす画期的な名著。環境問題を背景に、現代の問題も探る。

著者

シンシア・バーネット (バーネット,シンシア)

ジャーナリズムと環境史を専攻後、ジャーナリストとして25年以上、新聞・雑誌に記事を書いている。水が主題の環境問題の著書『蜃気楼』でフロリダ・ブック賞金賞、『青い革命』でボストングローブ紙ベスト10。

東郷 えりか (トウゴウ エリカ)

上智大学外国語学部フランス語学科卒業。訳書にB・フェイガン『海を渡った人類の遥かな歴史』、『世界一賢い鳥、カラスの科学』(以上小社)、N・マクレガー『100のモノが語る世界の歴史』(筑摩書房)など。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

雨をテーマにここまで書けるのか、という大作。
宇宙からの視点で、火星や金星にない雨を持つ地球をとらえる。
かと思えば、暴風雨、主役は嵐のはずなのに、被害は雨がもたらすという視点で見る。
洪水だ。
さらには恵みの雨。農作物に必須の雨。
それにともなう雨乞い、天気予報、、、

人類は雨をコントロールできない。
なくてはならず、しかし多すぎても困り、、

この夏の雨の降り方もどうしたものか、と思っていたら、
また急に暑くなり、、、

細かく読むには膨大すぎたが、凄い本だった。
(まゆはる さん/55歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳