単行本

キャロルキングジデンナチュラルウーマン

キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン

キャロル・キング

松田 ようこ

受賞
読売 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 548ページ
ISBN:978-4-309-27382-2 ● Cコード:0073
発売日:2013.02.26

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

  • 移民である祖父母の時代から、ピアノとの出会い、音楽業界での成功と失敗、4度の結婚と離婚、4人の子どもたち、東海岸から西海岸への移転……12年の歳月をかけ初めて語った渾身の一冊!

    アメリカの歌姫が自ら綴った、初の自伝

    キャロル・キングは私にとって永遠のアイドルです。――JUJU

    自然体であればこそ織り上げられる人生のタペストリー。十代で開花した天才作曲家キャロル・キング。その歌の一色一目が、今新たに光を放つ。――五輪真弓

  • まえがき
    二○○五年 ショウタイム
    《第一部》
    第一章   先祖
    第二章   完璧に弾けるまで
    第三章   ラジオとテレビ
    第四章   彼らと私たち
    第五章   家族崩壊
    第六章   演劇
    第七章   ビッグ・ビート
    第八章   リズム&ブルース
    第九章   サラダ・デイズ
    第十章   マンハッタンへの往復
    第十一章  デートに誘われず
    第十二章  コーラス・グループ、コサインズ
    第十三章  飛び込みオーディション
    第十四章  オーケストラの指揮
    第十五章  初めてのシングル
    第十六章  高校卒業
    第十七章  ゴフィン&キング
    第十八章  結婚そして出産
    第十九章  キュービクル
    第二十章  「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」
    第二十一章 娘の威力
    第二十二章  「ロコモーション」
    第二十三章  「9月の雨」
    第二十四章  ワディントン・アヴェニューの思い出
    第二十五章  西海岸へ
    第二十六章  ブリティッシュ・インヴェイジョン
    第二十七章 「ナチュラル・ウーマン」
    第二十八章  アルドン売却
    第二十九章  アロノウィッツとミドル・クラス
    第三十章   六〇年代中盤、そしてLSD
    第三十一章  ニュージャージーとの別れ

    《第二部》
    第一章   ワンダーランド
    第二章   シーンの中心、ローレル・キャニオン
    第三章   ディスカバー・カリフォルニア!
    第四章   新しい友達
    第五章   フライング・マシーン
    第六章   ダニー・コーチマー
    第七章   ザ・シティ
    第八章   ヨーガの教え
    第九章   三つの最高の出来事
    第十章   『スウィート・ベイビー・ジェイムス』
    第十一章  初めてのリード・ボーカル
    第十二章  録音スタジオ
    第十三章  七○年代の録音技術
    第十四章  『つづれおり』の風景
    第十五章  回想
    第十六章  トルバドール
    第十七章  ジョー・ママ
    第十八章  キャットの群れ
    第十九章  一九七一年 ショウタイム
    第ニ十章  さらなる家族の形
    第二十一章 マミーとグラミー
    第二十二章 分岐点

    《第三部》
    第一章   シェパード号
    第二章   憧れのアイダホ
    第三章   映画館にて
    第四章   ジョンとヨーコ
    第五章   虐待と謝罪
    第六章   友情の定義
    第七章   それぞれの支流
    第八章   氾濫
    第九章   夫とコカイン
    第十章   バーグドーフの町
    第十一章  ティーピー・リック
    第十二章  読み書きと算数
    第十三章  雪山の暮らし
    第十四章  グレッチェンのピアノ
    第十五章  八○年代
    第十六章  引っ越しの日
    第十七章  バーとベンチ
    第十八章  新たなご近所
    第十九章  裁判の苦悩
    第二十章  刑事事件と土地所有権 
    第二十一章 『ワン・トゥ・ワン』
    第二十二章 レーガン大統領の対抗馬
    第二十三章 検察官の自由裁量

    《第四部》
    第一章   アイダホからロンドンまで
    第二章   『シティ・ストリーツ』
    第三章   マッカートニー夫妻と東京で
    第四章   静かな生活を求めて
    第五章   北アイルランド問題
    第六章   『カラー・オブ・ユア・ドリームス』
    第七章   NY地下鉄の基礎講座
    第八章   ブロードウェイ・ミュージカル
    第九章   再び、アイルランドへ
    第十章   どんな人でも落ちることはある
    第十一章  それでもなお、アイルランドへ
    第十二章  タワー崩落
    第十三章  先祖への恩返し

    二○○五年 ショウタイム(つづき)
     あとがき
     謝辞
     訳者あとがき
     クレジット
     索引

著者

キャロル・キング (キング,キャロル)

1942年ニューヨーク生まれ。15歳でレコードデビュー。16歳でジェリー・ゴフィンと共作を始め17歳で結婚後、全米トップ40に20曲以上を送り込む。1971年に発表した『つづれおり』はグラミー賞4部門制覇、全米アルバムチャートで15週連続1位の超ロングセラー。数々の名作を世に送り出している。

松田 ようこ (マツダ ヨウコ)

ライター、翻訳家。音楽関係の記事を多数翻訳、執筆している。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳