ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. アート

この女(ひと)を見よ。

単行本

ヤマグチサヨコミライヲキルヒト

山口小夜子 未来を着る人

東京都現代美術館

受賞
朝日、読売

単行本 B5 ● 216ページ
ISBN:978-4-309-27588-8 ● Cコード:0077
発売日:2015.04.17

定価2,916円(本体2,700円)

△2週間~

買物かごへ入れる

  • アジア人初のトップ・モデルとして世界のモードを席巻、日本女性の新たな美を提示し、異なるジャンルを横断した山口小夜子。時代の最先端を走り続けた軌跡がハイ・レゾリューション画像でよみがえる!

    本書34ページにおきまして、誤ったリード文が組まれておりました。
    正しくは下記の文章になります。訂正してお詫び申し上げます。

     杉野学園ドレスメーカー女学院を卒業、服作りの現場に関わりたいと考えた小夜子を最初にプロのモデルとして起用したのは、山本寛斎である。1971年、彼のロンドンでの日本人初のショー成功を受け、西武デパート内のアヴァンギャルドなショップ「カプセル」で開催された凱旋ショーだった。1972年にはザンドラ・ローズの東京でのショーのメインに抜擢されたことをきっかけに、ジャン゠マリー・アルマンというオートクチュールのパリ・コレクションに出演。翌1973年には、三宅一生初のパリ・コレクションに出演。以後、高田賢三をはじめとする日本人デザイナーの進出と歩みを同じくするように、瞬く間にトップモデルに駆け上がり、翌1974年には『ニューズウィーク』誌で「世界の4人の新しいトップモデル」と称されることになる。イヴ・サンローラン、クロード・モンタナ、ティエリー・ミュグレーなどのショーのほか、カステルバジャック、エンリコ・コーベリ、ニコルなどの広告キャラクターも務め、世界中のショーウィンドーを小夜子のマネキンが飾ったといわれる。また、80年代にかけて「パフォーミング・アーツ」としての側面をますます強めていく山本寛斎のショーでは、パフォーマーとしてだけではなく、ポスター画、舞台イメージ図の制作や、ヘア&メーキャップのデザインを担当するなど、後年の活動へつながるクリエイターとしての片鱗を見せている(pp.82-83)。

    山口小夜子未来を着る人34ページ.pdf

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳