ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

シリーズ: 
  1. 14歳の世渡り術

未来を台無しにしないための、日本で一番わかりやすい原発本。

全集・シリーズ

ジュウヨンサイカラノゲンパツモンダイ

14歳からの原発問題

雨宮 処凛

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-61670-4 ● Cコード:0395
発売日:2011.09.21

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

  • 「3.11」で原発の恐ろしさに気付いた著者が、小熊英二・鎌仲ひとみ・西尾漠・原発労働者ら6名の専門家を訪ね、原発についてイチから学ぶ。これからを生き抜くための「原発問題」入門。

  • 第1章 「原発いらない!」と気付いた日
        ――3・11からの「反原発」   

    第2章 原発の中では何が起きている?
        ――元・原発労働者 Aさんに聞く   

    第3章 なぜ日本に原発ができたのか
        ――社会学者・開沼博さんに聞く  

    第4章 世界の動きと日本の原発
        ――歴史社会学者・小熊英二さんに聞く  

    第5章 そもそも原子力発電ってなに!?
        ――「はんげんぱつ新聞」編集長・西尾漠さんに聞く

    第6章 20キロ圏内にとり残された動物たち
        ――獣医・なかのまきこさんに聞く 

    第7章 「総被曝時代」に立ち向かうために
        ――映画監督・鎌仲ひとみさんに聞く  

著者

雨宮 処凛 (アマミヤ カリン)

1975年生まれ。作家・活動家。2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』でデビュー。以降、プレカリアート問題を中心に執筆。『右翼と左翼はどうちがう?』『14歳からの原発問題』等、著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳