ジャンル: 
  1. らんぷの本
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

シリーズ: 
  1. らんぷの本

全集・シリーズ

イノチミジカシコイセヨオトメ

命みじかし恋せよ乙女

大正恋愛事件簿

中村 圭子 編著

単行本 A5 ● 152ページ
ISBN:978-4-309-75025-5 ● Cコード:0336
発売日:2017.06.26

定価1,944円(本体1,800円)

△2週間~

  • 世の中を賑わせた恋愛事件が頻発した大正時代。心中・自殺も流行。平塚雷鳥、与謝野晶子、島崎藤村、有島武郎など。大人気のイラストレーター、マツオヒロミの書き下ろし挿絵収録!

    人気イラストレーター・マツオヒロミの描き下ろしイラスト「大正恋愛幻想」3点掲載!

    「マツオヒロミは、大正浪漫、昭和モダンの世界に影響を受けてイラストを作成しています。恋愛事件のヒロインとなった女性たちもまた、マツオヒロミの作品によって、現代に生きる女性たちの心の中でリメイクされ、新たな命を得ることができるでしょう。」(本文より)

    ゴシップに人々の関心が集まるのは現代も同じですが、大正という時代は結婚に対する日本人の考え方が変化していた時代であり、恋愛事件は単なるゴシップである以上に、女性の生き方や結婚制度に問題を投げかけるものでもありました。恋のために世間の非難や嘲笑と闘い、最終的には幸福になった人もいれば、一方では自殺するなどの不幸な結末を迎えた人もいます。
    平塚らいてうの運命の出会い、松井須磨子の後追い自殺、佐藤春夫の「魔女事件」、藤原義江をミラノに追った藤原あき、岡田嘉子が決行した雪の国境越えと銃殺された恋人等––世の中を賑わせた恋愛事件を多数収録!
    大正時代のさまざまな恋のいきさつは、現代人にとっても大変興味深いものであり、そこから学ぶことは多いと思われます。


    中村圭子(なかむら・けいこ)
    弥生美術館学芸員。おもな編著に『魔性の女挿絵集』『日本の「かわいい」図鑑』『昭和美少年手帖』『谷崎潤一郎文学の着物を見る』(河出書房新社)など多数。

    マツオヒロミ
    1980年(昭和55)、島根県生まれ。
    大学卒業後、古本屋勤務、デザイナーを経て2010年(平成22)よりフリーランスのイラストレーターとして仕事を開始し、書籍の装幀画を中心に作品を制作する。着物や近代建築を好み、趣向を反映して描かれた女性、装飾、クラシックなモチーフのイラストは高い人気を集めている。単行本に『百貨店ワルツ』『ILLUSTRATION MAKING & VISUAL BOOK マツオヒロミ』など。2017年7月1日~9月24日、弥生美術館で「命短し恋せよ乙女−−マツオヒロミ×大正恋愛事件簿」展を開催。

著者

中村 圭子 (ナカムラ ケイコ)

弥生美術館学芸員。主な編著に『魔性の女挿絵集』『やなせたかし』『日本の「かわいい」図鑑』『昭和美少年手帖』『昭和モダン着物』『日本の妖美 橘小夢画集』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳