KAWADE夢ムック

ナガブチツヨシ

長渕剛

民衆の怒りと祈りの歌

河出書房新社編集部

ムック A5 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-97876-5 ● Cコード:9473
発売日:2015.11.28

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

買物かごへ入れる

  • 民衆の怒りと祈りとはなにか? 稀代の表現者・長渕剛の核心に迫る/特別インタビュー/対談・藤原新也、柳美里/高山文彦、山下澄人、武田砂鉄、栗原康、和合亮一、須藤洋平ほか。

    (雑誌コード=6218515)

  • 【カラーグラビア】富士の国2015
    本誌初公開!創作ノート・手書き原稿掲載
    「鶴になった父ちゃん[草稿]」「絶望とは何か!!……[草稿]」
    「かすかな抵抗は民衆のものだ……[草稿]」「力の無い正義[草稿]」
    「長渕剛日記」
    長渕剛散文詩集
    「父ちゃんの詩」「ダチ山田辰夫へおくる」「復興」

    【長渕剛ロングインタビュー】
    引き裂かれた大地から怒りの声と祈りを
    聞き手・武田砂鉄

    【特別対談】
    藤原新也×長渕剛 世界に抗する力
    柳美里×長渕剛  命の痛みに寄り添う歌

    【インタビュー】
    湯川れい子 長渕剛という稀有な短篇作家

    【エッセイ】
    和合亮一 噴煙をあげる桜島を背中に
    須藤洋平 舵を取る
    山下澄人 乾杯、いつかの少年

    【ドキュメント】
    須田論一 TVドラマ『とんぼ』の時代

    【論考】
    高山文彦 歌い屋の一生
    栗原康 燃やせ、燃やせ、燃やせ
    松村正人 東京の合唱
    五井健太郎 巡る恋の歌――長渕剛における政治的なもの
    マニュエル・ヤン We Are the Folk――長渕剛とフォークの力
    スコット・アルガード 言語、社会、共同体――長渕剛との二十六年
    杉田俊介 長渕剛と三島由紀夫――その日本浪曼派的な命脈
    森元斎 よしっ、じゃぁ、叫ぶか

    【ディスコグラフィ】
    1979→2015 富士の国への軌跡
    執筆・相澤虎之助・栗原康・五井健太郎・二木信・水越真紀
    風は南から/逆流/乾杯/長渕剛LIVE/Bye Bye/時代は僕らに雨を降らしてる/HEAVY GAUGE/SUPER LIVE IN 西武球場/HOLD YOUR LAST CHANCE/HUNGRY/STAY DREAM/LICENSE/昭和/長渕剛LIVE’89/JEEP/JAPAN/Captain of the Ship/家族/LIVE COMPLETE ‘95-‘96/ふざけんじゃねぇ/SAMURAI/長渕剛 アコースティック 俺の太陽/空/Keep On Fighting/長渕剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島/YAMATO/Come on Stand up!/FRIENDS/TRY AGAIN/Stay Alive/富士の国・明日へ続く道

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳