検索結果

春日 武彦 (カスガ タケヒコ)

1951年、京都府生まれ。精神科医。医学博士。現在、成仁病院院長。『顔面考』『ロマンティックな狂気は存在するか』『はじめての精神科』『問題は、躁なんです』『鬱屈精神科医、占いにすがる』など著書多数。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

私家版 精神医学事典

自然科学・医学

私家版 精神医学事典

春日 武彦

五十音順でもABC順でもなく、筆者の「連想」の流れに乗って見出し語を立ててゆく、前代未聞の精神医学事典。はっきり言って実用性は乏しい、しかし……。今世紀最大の奇書、早くも誕生!

  • 単行本 / 496頁
  • 2017.08.29発売
  • ISBN 978-4-309-24817-2

定価3,024円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る
顔面考

文庫・新書

顔面考

春日 武彦

顔には常にいかがわしさがつきまとう。だからこそ、人は古来、奇態な想像力を発揮しつづけてきた――。博覧強記の精神科医が、比類なき視座から綴ってみせた、前人未到の〈顔〉論にして、世紀の奇書。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2009.07.07発売
  • ISBN 978-4-309-40969-6

定価886円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る
僕たちは池を食べた

日本文学

僕たちは池を食べた

春日 武彦

キッチュ、ステレオタイプ、コレクションなどの、ちょっと奇妙なこころの状態の研究で知られる気鋭の精神科医の初めての小説集。独特なひとびとのちょっと奇妙な世界を達意の文章で綴る。

  • 単行本 / 204頁
  • 2006.09.14発売
  • ISBN 978-4-309-01775-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
家屋と妄想の精神病理

哲学・思想・宗教

家屋と妄想の精神病理
あるいは、狂気とアナクロニズム

春日 武彦

都会でひとり暮らしをする女性や、夫に先立たれた未亡人などが、孤独のあまり家の屋根裏や天井裏など、何者かの気配を感じる「幻の同居人妄想」が最近増えている。そんな心の病を解き明かす。

  • 単行本 / 244頁
  • 2003.05.22発売
  • ISBN 978-4-309-24288-0

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
屋根裏に誰かいるんですよ。

哲学・思想・宗教

屋根裏に誰かいるんですよ。
都市伝説の精神病理

春日 武彦

屋根裏に亡くなった夫が住んでいるという“幻の同居人”妄想に捕らわれた老婆の心理状態を中心に、都市伝説にまつわるアーキタイパルな大衆の想像力を精神科医が分析する。

  • 単行本 / 220頁
  • 1999.06.25発売
  • ISBN 978-4-309-24220-0

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る