検索結果

桑原 茂夫 (クワバラ シゲオ)

1943年、東京生まれ。編集スタジオ「カマル社」代表。日本におけるルイス・キャロル研究の先鞭をつけた『別冊現代詩手帖 ルイス・キャロル』の編集長であり、アリス関係の多くの出版企画に携わる。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

不思議の国のアリス 完全読本

文庫・新書

不思議の国のアリス 完全読本

桑原 茂夫

永遠の名作、『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を味わうための、アリス研究第一人者による完全ガイド。物語に沿った解説と挿絵でアリスの魅力をあますところなく解き明かす、決定版入門書。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2015.08.06発売
  • ISBN 978-4-309-41390-7

定価886円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る
図説 不思議の国のアリス

ふくろうの本

ふくろうの本/世界の文化

図説 不思議の国のアリス

桑原 茂夫

写真機の発明に恐竜の発見等、ヴィクトリア朝の魅力的な文化がワンダーランドを支えていた! おかしな住人の紳士録から舞台裏まで、アリスが迷い込んだ不思議の国の完全ガイド。

  • 単行本 / 128頁
  • 2013.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-76211-1

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
図説 不思議の国のアリス

ふくろうの本

ふくろうの本/世界の文化

図説 不思議の国のアリス

桑原 茂夫

写真機の発明に恐竜の発見等、ヴィクトリア朝の魅力的な文化がワンダーランドを支えていた! おかしな住人の紳士録から舞台裏まで、アリスが迷い込んだ不思議の国の完全ガイド。

  • 単行本 / 128頁
  • 2007.04.24発売
  • ISBN 978-4-309-76093-3

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
チェシャ猫はどこへ行ったか

外国文学

チェシャ猫はどこへ行ったか
ルイス・キャロルの写真術

桑原 茂夫

『不思議の国のアリス』は写真術から生まれた! 写真家・キャロルの真実と、キャロル文学にかくされたヴィジュアル革命の重要さを探る、瞠目の一冊。少女を始めとする肖像写真を多数掲載。

  • 単行本 / 192頁
  • 1996.04.25発売
  • ISBN 978-4-309-20260-0

定価1,363円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
アリスのティーパーティ

文庫・新書

アリスのティーパーティ

ドーマウス協会桑原 茂夫

へりくつ屋のウサギ、哲学的会話を得意とする青虫、ニヤニヤ笑いと神出鬼没を身上とするネコ、死刑宣告しか知らないトランプのハートの女王等々――。キャラクターの由来まで追求する本格的アリス読本。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1986.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-46033-8

定価630円(本体583円)

×品切・重版未定

詳細を見る