検索結果

永山 則夫 (ナガヤマ ノリオ)

1949年生まれ。連続射殺事件をおこし69年逮捕。獄中手記「無知の涙」や新日本文学賞受賞作「木橋」等によって注目されつづけた存在。今年8月死刑執行される。著書『捨て子ごっこ』『異水』他多数。

12件中 112件を表示 | 表示件数   件

木橋

文庫・新書

木橋

永山 則夫

津軽の十三歳は悲しい──うつりゆく東北の四季の中に、幼い生の苦しみをみずみずしく刻む名作「木橋」、横浜港での沖仲仕としての日々を回想した「土堤」などをおさめ、作家・永山の誕生を告げる作品集。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2010.09.10発売
  • ISBN 978-4-309-41045-6

定価702円(本体650円)

×品切

詳細を見る
死刑確定直前獄中日記

日本文学

死刑確定直前獄中日記

永山 則夫

1997年、突然の死刑執行によって衝撃を与えた永山則夫氏が獄中でつづった日記のうち、1990年5月の死刑確定直前の二ヶ月分を収める。永山事件と死刑問題を考える必読の書。

  • 単行本 / 272頁
  • 1998.06.23発売
  • ISBN 978-4-309-01226-1

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
人民をわすれたカナリアたち

文庫・新書

人民をわすれたカナリアたち
続・無知の涙

永山 則夫

歴史的ベストセラー『無知の涙』の続篇。思想書や文学書を読みながら自己の出自をきびしく問うていく青年・永山の、みずみずしい思考と感性の軌跡。永らく埋もれていた七○年代の幻の著、待望の復刊!

  • 河出文庫 / 384頁
  • 1998.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-40526-1

定価734円(本体680円)

×品切・重版未定

詳細を見る
華 3

日本文学

華 3

永山 則夫

都会で夢破れてホームレスの賢人・秋田のもとに集まる若者たち。彼らが見出した新しい希望とは? 1997年8月1日、突如の死刑執行で衝撃を与えた著者が、獄中で書き続けた未完の長篇大作。

  • 単行本 / 408頁
  • 1997.12.18発売
  • ISBN 978-4-309-01186-8

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
華 4

日本文学

華 4

永山 則夫

都会で夢破れてホームレスの賢人・秋田のもとに集まる若者たち。彼らが見出した新しい希望とは? 1997年8月1日、突如の死刑執行で衝撃を与えた著者が、獄中で書き続けた未完の長篇大作。

  • 単行本 / 302頁
  • 1997.12.18発売
  • ISBN 978-4-309-01187-5

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
華 1

日本文学

華 1

永山 則夫

都会で夢破れてホームレスの賢人・秋田のもとに集まる若者たち。彼らが見出した新しい希望とは? 1997年8月1日、突如の死刑執行で衝撃を与えた著者が、獄中で書き続けた未完の長篇大作。

  • 単行本 / 272頁
  • 1997.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-01184-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
華 2

日本文学

華 2

永山 則夫

都会で夢破れてホームレスの賢人・秋田のもとに集まる若者たち。彼らが見出した新しい希望とは? 1997年8月1日、突如の死刑執行で衝撃を与えた著者が、獄中で書き続けた未完の長篇大作。

  • 単行本 / 370頁
  • 1997.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-01185-1

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
無知の涙

文庫・新書

無知の涙

永山 則夫

  • 河出文庫 / 544頁
  • 1990.07.04発売
  • ISBN 978-4-309-40275-8

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
木橋

文庫・新書

木橋

永山 則夫

  • 河出文庫 / 216頁
  • 1990.07.04発売
  • ISBN 978-4-309-40276-5

定価572円(本体530円)

×品切・重版未定

詳細を見る
異水

日本文学

異水

永山 則夫

香港、宇都宮、大阪――ただ、希望を喪うためだけかのように、少年の孤独な彷徨は続く。密航の失敗、そして兄の許での苦い日々を描く「陸の眼」、大阪への逃避行を綴る「異水」を収録。

  • 単行本 / 248頁
  • 1990.05.30発売
  • ISBN 978-4-309-00628-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
なぜか、海

日本文学

なぜか、海

永山 則夫

60年代、集団就職で上京した少年を待ちうけていた運命は――苛酷な少年のよるべなき彷徨を清冽な孤独の中に描く、話題作『捨て子ごっこ』に続く自伝的作品集。

  • 単行本 / 184頁
  • 1989.06.30発売
  • ISBN 978-4-309-00574-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
捨て子ごっこ

日本文学

捨て子ごっこ

永山 則夫

親に捨てられ、弟を捨てる――貧困におしつぶされつつも、力強く生きる北国の子どもたちの姿を、透明な抒情の中に刻みこみ、各紙誌で絶賛を浴びた表題作と「破流」を収めた作品集。

  • 単行本 / 224頁
  • 1987.07.15発売
  • ISBN 978-4-309-00474-7

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る