検索結果

山本 安見子 (ヤマモト ヤスミコ)

1942年、文芸評論家として巨大な足跡を残し、文化勲章に輝いた山本健吉と俳人・石橋秀野の一人娘として東京世田谷に生まれる。5歳で母と死別。鴎友学園女子高等学校卒業後、文学座研究生となるが、多忙病弱な父を助けるために義母・静枝とともに家事・秘書役をつとめる。NHK文化センター“タブリエ会”で絵画活動。著書に『走馬燈父・山本健吉の思い出』(角川書店)、『石橋秀野句文集』(角川書店)で母・秀野の年譜を作成。現在は病臥中の義母を専心介護中。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

K氏のベレー帽

日本文学

K氏のベレー帽
父・山本健吉をめぐって

山本 安見子

日本文芸史に画期的な足跡を記した山本健吉氏の愛娘が、幼い日の思い出から父の晩年にいたるまでを綴った感動の長篇エッセイ。故人の横顔が、ユーモラスにまた切々とたちあらわれる。

  • 単行本 / 242頁
  • -発売
  • ISBN 978-4-309-01391-6

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る