検索結果

山口 泉 (ヤマグチ イズミ)

1955年長野生まれ。「夜よ、天使を受胎せよ」で第13回太宰治賞優秀賞受賞。「宇宙のみなもとの滝」で日本ファンタジーノベル大賞受賞。他に「世の終わりのための五重奏」「悲惨鑑賞団」など。

6件中 16件を表示 | 表示件数   件

宮澤賢治伝説

日本文学

人間ドキュメント

宮澤賢治伝説
ガス室のなかの「希望」へ

山口 泉

“国民のヒーロー”として君臨してきた宮沢賢治。彼ほど長く神聖化されつづける詩人もいない。美しい言葉の上に重ねられた思想の矛盾を多面的視野から追究し“神聖・賢治”のタブーを描出。

  • 単行本 / 492頁
  • 2004.08.23発売
  • ISBN 978-4-309-01653-5

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
神聖家族

日本文学

神聖家族

山口 泉

「獄中の作家・西埜森夫の未発表作品」という方法を駆使した長篇小説。バブル経済の日本の辺境に「新しい家」を作ろうと企てた美貌の“千里眼つかい”と、共に生きようとした人々の運命は…。

  • 単行本 / 320頁
  • 2003.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-01527-9

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
永遠の春

日本文学

永遠の春

山口 泉

東京と北欧を舞台に、〈究極の生殖映画〉『永遠の春』の製作計画と、複雑極まりない構成を通じ、現代世界全体のイメージを交響曲的に寓意化した小説。

  • 単行本 / 216頁
  • 2000.03.16発売
  • ISBN 978-4-309-01342-8

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ホテル・アウシュビッツ

日本文学

ホテル・アウシュビッツ
世界と人間の現在についての七つの物語

山口 泉

大量虐殺や差別、エイズや脳死・臓器移植、肉体や生命の商品化、戦争責任、歴史の抹殺……などの主題が、象徴的・幻想的・寓話的な方法を主調音に、万華鏡のように展開してゆく。

  • 単行本 / 232頁
  • 1998.09.17発売
  • ISBN 978-4-309-01241-4

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
オーロラ交響曲の冬

児童書

ものがたりうむ

オーロラ交響曲の冬

山口 泉

19××年、ユーラシア大陸のある国で放射能を浴びた子供たちが日本にやってきた。6年2組の月森・銀林・若杉ら「オリオン交響楽団」のかなでる祈りのメロディに、はたして平和はくるのだろうか。

  • 単行本 / 144頁
  • 1997.01.24発売
  • ISBN 978-4-309-73120-9

定価1,058円(本体980円)

×品切・重版未定

詳細を見る
悲惨鑑賞団

日本文学

悲惨鑑賞団

山口 泉

真に恐ろしいのは滅びてゆくことではなく、この醜悪な世界に生き延びてしまうことかもしれない――豊饒な小説言語を駆使しつつリアリティの境界線を超えんとする俊英の、待望の連作集!

  • 単行本 / 224頁
  • 1994.04.01発売
  • ISBN 978-4-309-00900-1

定価1,888円(本体1,748円)

×品切・重版未定

詳細を見る