検索結果

高橋 たか子 (タカハシ タカコ)

1932年、京都市生。京大仏文科卒業後、同窓の高橋和巳と結婚。『空の果てまで』で田村俊子賞、『誘惑者』で泉鏡花賞、『ロンリー・ウーマン』で女流文学賞を受賞する。『自選小説集』全四巻がある。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

高橋和巳という人

日本文学

高橋和巳という人
二十五年の後に

高橋 たか子

没後25年、たち顕われる高橋和巳の真実! 夢と夢の結婚、小説家夫婦の普通の生活と普通ではない生活、そして二人をめぐるさまざまな時代の嵐――歳月に磨かれ、澄明に結実した感動の証言。

  • 単行本 / 176頁
  • 1997.02.10発売
  • ISBN 978-4-309-01123-3

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
失われた絵
  • 河出文庫 / 256頁
  • 1981.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-40022-8

定価419円(本体388円)

×品切・重版未定

詳細を見る