検索結果

芳川 泰久 (ヨシカワ ヤスヒサ)

1951年生まれ。作家、フランス文学者、文芸評論家。早稲田大学第一文学部教授。 小説『坊っちゃんのそれから』他漱石三部作が話題に。訳書に 『失われた時を求めて 全一冊』(角田光代共訳)他多数ある。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

西郷を破滅させた男 益満休之助

日本文学

西郷を破滅させた男 益満休之助

芳川 泰久

中江兆民が勝海舟と図り、西郷を擁して政府転覆を企てた、“二度目の明治維新”は、なぜ間際で消えたのか? 西郷の暗黒面を支えた“あの男”益満が歴史の闇から甦る傑作歴史小説!

  • 単行本 / 296頁
  • 2018.10.26発売
  • ISBN 978-4-309-02737-1

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

詳細を見る
先生の夢十夜

日本文学

先生の夢十夜

芳川 泰久

吾輩の夢枕に立ったのは、なんとあの漱石先生だった。先生は、『それから』で夫を捨てたヒロイン三千代の“それから”を探るよう頼んできた……道ならぬ恋の続きに迫る漱石三部作・完結篇!

  • 単行本 / 232頁
  • 2017.02.10発売
  • ISBN 978-4-309-02535-3

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
吾輩のそれから

日本文学

吾輩のそれから

芳川 泰久

自らの死の真相を求め吾輩は探偵として立ち上がる! ラストで水瓶に落ちて死んだ“猫”のそれからを描く、続「吾輩は猫である」。話題の漱石三部作『坊っちゃんのそれから』に続く第2弾!

  • 単行本 / 212頁
  • 2016.12.09発売
  • ISBN 978-4-309-02529-2

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
坊っちゃんのそれから

日本文学

坊っちゃんのそれから

芳川 泰久

大暴れして教師を辞め、東京に帰った坊っちゃんは、それから街鉄の運転手に。山嵐は幸徳秋水に出会い大逆事件に巻き込まれ……。朝日(星野智幸氏)・毎日(角田光代氏)書評で話題の続『坊っちゃん』!

  • 単行本 / 304頁
  • 2016.10.19発売
  • ISBN 978-4-309-02508-7

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る