検索結果

赤瀬川 原平 (アカセガワ ゲンペイ)

1937年横浜市生まれ。美術家、作家。千円札事件被告。1981年『父が消えた』(筆名・尾辻克彦)で第84回芥川賞を受賞。著書に『櫻画報大全』『東京ミキサー計画』『老人力』『日本美術応援団』など。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

赤瀬川原平漫画大全

コミック

赤瀬川原平漫画大全

赤瀬川 原平

伝説の名作「お座敷」、「おざ式」、「日本お伽月報」をはじめ、ストーリーマンガを集めた決定版。精緻なペン画が描き出す毒と笑いのパロディ世界、そして脱力の極致へ……。赤瀬川原平の真骨頂!

  • 単行本 / 196頁
  • 2015.10.21発売
  • ISBN 978-4-309-27636-6

定価3,024円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る
妄想科学小説

日本文学

妄想科学小説

赤瀬川 原平

連続自殺未遂犯に死刑判決が下る「人殺し」、吉祥寺にリビング、中野に風呂、我孫子に廊下の「マイホーム計画」等、抱腹絶倒のショートショート35連発。76~79年の連載を単行本化。

  • 単行本 / 196頁
  • 2015.01.27発売
  • ISBN 978-4-309-02356-4

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
オブジェを持った無産者

日本文学

オブジェを持った無産者
赤瀬川原平の文章

赤瀬川 原平

文筆家・赤瀬川原平はここからはじまった。瀧口修造をはじめ多くの文化人を巻き込み、法廷、メディア、社会を「作品」と化した千円札事件のすべて。著者自装の現代思潮社版を完全復刻。

  • 単行本 / 372頁
  • 2015.01.27発売
  • ISBN 978-4-309-27555-0

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
私の昭和の終わり史

日本文学

私の昭和の終わり史

赤瀬川 原平

激動の昭和の終わり。赤瀬川原平が切り取った時代の断面の数々。日本の飯の八割は炊いたまま捨てられる/円高ドル安という男、等々。再注目される“黄金の80年代”は今の眼にどう映る?

  • 単行本 / 216頁
  • 2006.02.14発売
  • ISBN 978-4-309-01753-2

定価1,512円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
図説 アイ・トリック

ふくろうの本

ふくろうの本/世界の文化

図説 アイ・トリック
遊びの百科全書

種村 季弘赤瀬川 原平高柳 篤

  • 単行本 / 128頁
  • 2001.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-72667-0

定価1,944円(本体1,800円)

×品切

詳細を見る