検索結果

窪田 般彌 (クボタ ハンヤ)

詩人、仏文学者。英領北ボルネオに生まれ、東京で育つ。早大仏文科卒。学生時代から詩作を始め「日本未来派」の同人となり、吉田一穂にも師事。寡作ながら豊かな教養を踏まえた典雅な抒情を音楽的な詩句に煮つめ、ほのかなユーモアを漂わす。詩集『影の猟人』『詩篇二十九』『夢の裂け目』『円環話法』、評論『日本の象徴詩人』『幻想の海辺』など。翻訳、アポリネールの詩集や小説ほか、レニエ『生きている過去』、カザノヴァ『カザノヴァ回想録』など。正統を気取らず奇をてらわずに詩を語ることのできる数少ない一人である。

18件中 118件を表示 | 表示件数   件

黒いユーモア選集 1
  • 河出文庫 / 368頁
  • 2007.08.07発売
  • ISBN 978-4-309-46290-5

定価1,045円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
黒いユーモア選集 2

文庫・新書

黒いユーモア選集 2

アンドレ・ブルトン 著 山中 散生窪田 般彌小海 永二

一九四〇年、ブルトンの放った、世界の価値を逆転させる言葉に満ちたアンソロジー。ジャリ、カフカ、ダリ、デュシャン、ピカソ……シュルレアリスムの入門書にして羅針盤のごとく我々を導く啓蒙の書!

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2007.08.07発売
  • ISBN 978-4-309-46291-2

定価1,045円(本体950円)

×品切・重版未定

詳細を見る
詩の朗読会[フランス編]

文庫・新書

詩の朗読会[フランス編]

窪田 般彌 編訳 G・アポリネール

詩はもともと、音楽や絵画のように楽しめるものだ。詩こそ、声に出して「朗読」するのに最も適した芸術である。本書では新しい詩の試みが盛んに行われた20世紀前半の黄金期から59篇を収録した。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2003.11.07発売
  • ISBN 978-4-309-46239-4

定価660円(本体600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
一切合財みな煙

日本文学

一切合財みな煙

窪田 般彌

日本の詩人たち――堀口大學、齋藤磯雄、日夏耿之介、永井荷風など錚々たる人々の歩んだ道を、詩人で仏文学者の著者が、軽妙洒脱かつユーモラスな語り口でまとめた名著にして遺作。

  • 単行本 / 248頁
  • 2002.10.29発売
  • ISBN 978-4-309-01508-8

定価2,640円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
若きドン・ジュアンの手柄ばなし

文庫・新書

若きドン・ジュアンの手柄ばなし

G・アポリネール 著 窪田 般彌

〈二○世紀〉の到来とともに、シュルレアリスムへの決定的潮流を作ったアポリネールが痛快なエロス像を主人公の少年に託して描いた傑作短篇小説。天衣無縫な前衛性と鋭い精神性が交錯した巨匠の絶品。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 1997.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-46182-3

定価495円(本体450円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 12
  • 河出文庫 / 360頁
  • 1995.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-46542-5

定価1,175円(本体1,068円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 11

文庫・新書

カザノヴァ回想録 11
永遠の麗しき女性

J・カザノヴァ 著 窪田 般彌

女帝マリア・テレジアから追放を申しわたされたカザノヴァは、ウィーンからパリ、マドリッドへと旅を続ける。バルセロナでは再び幽閉の憂き目に会うが、それでも数々の女たちは彼に魅き寄せられていく。

  • 河出文庫 / 512頁
  • 1995.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-46541-8

定価1,388円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 10

文庫・新書

カザノヴァ回想録 10
性と愛の哲学

J・カザノヴァ 著 窪田 般彌

ロンドンで恋の痛手を受け人生の凋落を感じつつ、ベルリン、ペテルブルグ、モスクワ、そしてウィーンへと足を延ばす。プロシャ王やロシア女帝に謁見しながら放浪を続ける彼に運命の重みが辛くのしかかる。

  • 河出文庫 / 496頁
  • 1995.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-46540-1

定価1,388円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 9

文庫・新書

カザノヴァ回想録 9
ロンドンの娼婦

J・カザノヴァ 著 窪田 般彌

魔術に狂信するデュルフェ夫人との奇怪な秘儀、同性愛のマルコリーナ嬢とP・P嬢との情交、そして渡英した彼はシャルピヨンという運命の女によって徹底的に裏切られ自殺寸前まで追いこまれることになる。

  • 河出文庫 / 576頁
  • 1995.09.04発売
  • ISBN 978-4-309-46539-5

定価1,495円(本体1,359円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 8
  • 河出文庫 / 440頁
  • 1995.08.04発売
  • ISBN 978-4-309-46538-8

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 7
  • 河出文庫 / 472頁
  • 1995.07.04発売
  • ISBN 978-4-309-46537-1

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 6
  • 河出文庫 / 432頁
  • 1995.06.04発売
  • ISBN 978-4-309-46536-4

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 5

文庫・新書

カザノヴァ回想録 5
魔術師の野望

J・カザノヴァ 著 窪田 般彌

フランスの財政を助けようとカザノヴァが出した策は、なんと国営の富くじ計画だった。オランダへ密使で派遣されたり、工場主になったりと、立身と金儲けと降神術に目覚めた彼の怪しくも愉快な遍歴時代。

  • 河出文庫 / 392頁
  • 1995.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-46535-7

定価1,175円(本体1,068円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 4

文庫・新書

カザノヴァ回想録 4
修道女と大脱獄

J・カザノヴァ 著 窪田 般彌

2人の美しい修道女C・CとM・Mを相手に若きカザノヴァは究極の愛欲と限りない悦楽の日々を過ごす。また人心を惑わせた科で投獄された彼はヨーロッパじゅうを沸かせた世紀の大脱獄を果たす。

  • 河出文庫 / 456頁
  • 1995.04.04発売
  • ISBN 978-4-309-46534-0

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 3
  • 河出文庫 / 450頁
  • 1995.03.04発売
  • ISBN 978-4-309-46533-3

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 2
  • 河出文庫 / 448頁
  • 1995.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-46532-6

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ回想録 1
  • 河出文庫 / 456頁
  • 1995.01.04発売
  • ISBN 978-4-309-46531-9

定価1,282円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カザノヴァ

外国文学

カザノヴァ
ロココの世紀

窪田 般彌

18世紀ヨーロッパを自在に生きた真の自由人、冒険家、色事師、カザノヴァの真実の生涯。従来不当に貶められてきたカザノヴァの復権と名誉回復を企図する著者の書き下ろし評伝。

  • 単行本 / 304頁
  • 1983.03.24発売
  • ISBN 978-4-309-20014-9

定価2,435円(本体2,214円)

×品切・重版未定

詳細を見る