検索結果

マーク・トウェイン (トウェインM)

1835‐1910。アメリカ文学を代表する小説家。代表作に『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』『人間とは何か』など。講演の名手としても知られる。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

アダムとイヴの日記

文庫・新書

アダムとイヴの日記

マーク・トウェイン 著 大久保 博

この世で最初の男女・アダムとイヴが日記をつけていた! 出逢い、失楽園、子育て……すれ違い続ける二人の心情。そんな二人が最後にたどりついた愛の境地とは? 作家・北村薫が偏愛する永遠の名著。

  • 河出文庫 / 248頁
  • 2020.01.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46710-8

予価858円(本体780円)

※未刊

詳細を見る
ハックルベリイ・フィンの冒険

〔ポシェット版・世界文学の玉手箱〕

ハックルベリイ・フィンの冒険

マーク・トウェイン 著 小島 信夫

自由で気ままな生活を求める自然児ハックだが、未亡人の養子となり、飲んだくれのおやじも戻ってきた。そこで――。解説=芦原すなお

  • 河出文庫 / 296頁
  • 1993.01.04発売
  • ISBN 978-4-309-46557-9

定価961円(本体874円)

×品切・重版未定

詳細を見る