検索結果

飛鳥 高 (アスカ タカシ)

1921年山口県生まれ。東京帝国大学工学部卒。建築技師を務めるかたわら「宝石」の第一回懸賞募集に「犯罪の場」を投じてデビュー。『細い赤い糸』で第15回日本探偵作家クラブ賞を受賞。『疑惑』『死を運ぶトラック』『死のそこない』『虚ろな車』など。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

飛鳥高名作選

文庫・新書

〔本格ミステリコレクション〕

飛鳥高名作選
犯罪の場

飛鳥 高 著 日下 三蔵

入手困難の作品集『犯罪の場』『黒い眠り』を完全収録のうえ、単行本未収録作品を加えて再編集! 現代社会の錯綜した人間関係をアイロニカルに捉えた、本格ミステリ作家・飛鳥高の世界が存分に味わえる。

  • 河出文庫 / 592頁
  • 2001.09.07発売
  • ISBN 978-4-309-40635-0

定価1,026円(本体950円)

×品切・重版未定

詳細を見る