検索結果

渡辺 幸一 (ワタナベ コウイチ)

エッセイスト、歌人。1950年北九州市生まれ。73年北九州市立大学外国語学部卒業。90年イギリスに移住。18年間、ロンドンの金融街シティで英系銀行の財務アナリストなどとして勤務した後、現在は文筆業に専念。93年朝日歌壇賞、95年角川短歌賞、97年北九州市民文化賞を受賞。著書に『イエロー』(栄光出版社)、『イギリス発・私的日本人事情』(朝日文庫)、『ロンドン金融街で学んだ イギリス式仕事と人生の絶妙な知恵』『イギリスではなぜ散歩が楽しいのか?』『英国のバランス 日本の傾斜』(以上、河出書房新社)のほか、歌集『霧降る国』(角川書店)、『日の丸』(ながらみ書房)などがある。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

イギリス発 恥と誇りを忘れた母国・日本へ!

政治・経済・社会

イギリス発 恥と誇りを忘れた母国・日本へ!

渡辺 幸一

偽装、殺人、汚職……日本はいつからこんな恥知らずな国になったのか? 渡英18年、ロンドン金融街の第一線で働き、エッセイストとしても活躍してきた著者が綴る、今こそ読むべき日本論!

  • 単行本 / 232頁
  • 2008.09.24発売
  • ISBN 978-4-309-24453-2

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
英国のバランス 日本の傾斜

政治・経済・社会

英国のバランス 日本の傾斜

渡辺 幸一

バランス感覚をもって、欧米の架け橋を目指すイギリスと、世論が偏りがちでアジアの孤児になりかねない日本。在英16年の著者が、日本にいては気付かないその違いを浮き彫りにする。

  • 単行本 / 228頁
  • 2006.11.17発売
  • ISBN 978-4-309-24397-9

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
イギリスではなぜ散歩が楽しいのか?

政治・経済・社会

イギリスではなぜ散歩が楽しいのか?
人にやさしい社会の叡智

渡辺 幸一

物質的には豊かなのに、何だか生きにくい日本。何があるわけでもないが、人生を楽しめるイギリス。この差はどこから来るのだろう? イギリスに長年暮らす著者が綴る、人にやさしい社会とは。

  • 単行本 / 212頁
  • 2005.05.20発売
  • ISBN 978-4-309-24338-2

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ロンドン金融街で学んだイギリス式 仕事と人生の絶妙な知恵

政治・経済・社会

ロンドン金融街で学んだイギリス式 仕事と人生の絶妙な知恵

渡辺 幸一

国際金融の一大中心地・シティの第一線で13年間働きつづけてきた日本人が綴る、イギリス人の仕事への誇り、心豊かな人生をおくる知恵、そして日本人の国際化に本当に必要なこと。

  • 単行本 / 216頁
  • 2004.01.19発売
  • ISBN 978-4-309-24303-0

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る